FC2ブログ

新年初の収支報告です^^

今日の1冊


眠れぬ夜の報復 (講談社文庫)眠れぬ夜の報復 (講談社文庫)
(1999/07)
岡嶋 二人

商品詳細を見る


 105 → 480

岡嶋二人の作品には、このくらいの値段で売れる本がちらほらあります。
二人で共同執筆していることから、「おかしなふたり」をもじって岡嶋二人をペンネームにしたのは、けっこう有名なエピソードです。


さて、アマゾンでの新年最初の決算があったので、ここに記します。


期間:1/1~1/14

【収益】

アマゾンからの入金予定額 ¥ 180,324


*内訳

注文
商品代金 ¥ 170,525
プロモーション割引額 ¥ 0
Amazon手数料 ¥ -39,061
その他 ¥ 53,030
合計 ¥ 184,494

返金
商品代金 ¥ -3,060
Amazon手数料 ¥ 640
その他 ¥ -1,750
合計 ¥ -4,170
他のトランザクション
(過去に入金手続きが完了できなかった金額が含まれる場合があります。 詳しくはこちら。)
合計 ¥ 0


【費用】

合計 ¥123,200


*内訳

古本代 ¥71,119
CD代 ¥1,200
DVD代¥9,440
ゲーム代¥ 500
送料  ¥4,700
雑費  ¥36,241


【損益計算】

180,324 - 123,200 = ¥57,124



なお、今年から【費用】の項目に『CD代』『DVD代』『ゲーム代』を増やしました。
仕入れ代の項目を細分化し、分析することで見えてくるものがあるかもしれない。そう思ったからです。


カンタンに感想をば。

■収益について
18万オーバーは満足^^ただ、前半の調子が良かったため、20万越えるか?とドキドキしたのだが・・・・残念。


■費用について
古本代が売り上げの約4割と大きいが、今回も仕入れた本の数が発送数を大幅に上回り、良質な在庫の総数は増加しているので良し。
CDの1200円は少なすぎ^^;CD・DVDの仕入れ割合を増やしたいので、もう少し頑張ろう私。
DVDの仕入れは一見そこそこだが、利益率がイマイチ。だが確実に商品を捌けるならアリと思っている。
ゲームの500円は・・・・まあ、ゲーム機ないしそもそもテレビ持ってないし、むしろ善戦したほうか?

■損益について
2週間で6万近い利益、うーん、費やした時間を思うと、どうだろ?
今後に期待。


てなトコで、今日はこれにて失礼。
ゲームの売り上げを増やすべく研究しまーす^^
(意訳:今日はゲームすっぞー!!)

スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle