FC2ブログ

静岡せどり新年会

今回は静岡でのせどり新年会が中心のお話です。



~ 18:00 ~

浜松駅前のホテル「day by day」にチェックイン。
シャワーを浴びて身支度を整える。
ちなみに同じ関西のせどらー、矢野さんも偶然同じ宿でした。
しかも部屋は901と903。
ゲイ疑惑にせどり仲間がざわめく。ただの偶然です^^;


~ 18:30 ~

いままるさんが車で迎えに来る。
まずは浜松の餃子屋へ移動。


~ 18:45 ~

餃子屋へ到着。
そして新年会開始。
10名ほどの同業と親交を温める。
そう・・・こういう機会・・・大切にしたい・・・。


が、お店は大行列。



「いつになるかわかんないし、空いたトコに座っていこっか」
「あ、じゃ私あそこあいたから座るねー」
と、可及的速やかに席に着くワタクシ。
「とりあえずビール!んで餃子の小ね」
ちなみにこの店、小でも餃子の数は10個。次の店もあるので控えめに行きたい所。
あ、ビール控えるのはムリですから。

DSC_0012.jpg

餃子はコクがあるのに後口が良くて、たいへんおいしゅうございました。
行列も納得。
注文してから1時間ほどかかったけどね==)



二件目は居酒屋。
いつものように、ハイ飲んで。のんでのーんでー♪
この辺は記憶あります。なんとなく。



三件目。カラオケ。

DSC_0013.jpg


超久しぶりに洋楽を熱唱。
んーキモチイイ♪
けど、ドオタな歌があまり入ってないお店で、ちょっと残念。
「dash! to truth」を唄いたかった・・・==)



んで、あんま記憶なくて、翌日。ホテルの自室。


~ 04:00 ~

・・・あー、ノドがいたいな・・・?
あれ?見覚えのない青いカバンがあるぞ?(・ω・ノ)
中をあさると、送迎してくれたいままるさんのモノである模様。
けどなんでウチの部屋に?



謎は全て解けた!( v^-゜)♪
犯人矢野さん。
私を殺して、いままるさんに濡れ衣を着せようとした!
( ; ゜Д゜)Σ(゜Д゜)




と、推理をうちらのグループのフェイスブックに書き込んだら、数時間後にいままるさんが取りに来ました。
そしてそのあとフェイスブックを確認すると、


「所長死ね」


の大合唱が起きてました。主にいままるさんから^^;



あー、そーいやいままるさん、豊橋まで移動して寝るっていってたなあ。
じゃあ豊橋行って、また浜松に戻ってきたのか。
ふむ。ごくろうじゃの。




なんかちょっと悪いことしちゃったかな?と思ったので、謝っておきました。
こんなカンジで。

ふむ。
まったく記憶にないのですが、状況的には私が犯人のようです。
なのでお詫びいたします。
申し訳ありませんm(__)m




どうやら帰り、いままるさんがホテルまで車で送ってくれたのですが、そのときにうっかりテイクアウトしてしまったようです。
いや、いままで靴は間違えたことあっても、人のもの持って帰ったことはなかったんやけどな?
不幸な事故、とゆーやつやね。



で、その日の仕入中、バーコードリーダーのKDC200が急に使えなくなりました。
充電しても無反応。
どうやらバッテリー切れか故障のようです。

・・・いままるさんの呪い?( TДT)




いやホント、恩をアダで返して申し訳ありません==)
けど面と向かっては苦情一つ、イヤな顔ひとつしなかったいままるさんスゲエ。男前。惚れてまうやろ。
と、このくらいヨイショしておけばいいか?w( ̄o ̄)w



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle