FC2ブログ

注文数ランキング 2014年度版 その1

さてみなさまお待ちかね。
いつものお正月特別企画が、今年もやってまいりました。
Yes、イエスイエース!




2014年度を通じてamazonで売れた商品をご紹介したいと思います。
その際には注文数の順位、およびその商品の総売上もあわせて発表!
つまり藤川事務所における、2014年度注文数上位ランカーの発表会、というワケです。
イエー♪




この企画、確実に自分の首を絞めてるよな==)
売れ筋公開を正月に行うって・・・・・・正気?バカなの?
おとなしく休めよって話ですよハハハ。



まあ仕方ありません。
身体を張ってでも笑いをとる、それが関西人の業!
オレ、ガンバル。




で、今回のランカーの顔ぶれですが。
ある偏りがあります。
半数にある共通点があります。
よかったらそれが何なのか、お考えください。
・・・・・・いつもながら、ホント、回転系扱ってないって結果よねコレ==)



ちなみに選出方法は去年と同様です。
知りたい人はブログカテゴリの「注文数ランキング」で、去年のを確認してください。




では第10位!


2014年度 藤川事務所注文数ランキング


第10位 

進撃の巨人 2014カレンダー




注文数 18
商品の総売上 ¥38,090


10位にランクインしたのは進撃の巨人のカレンダー。2014年度版。
「え・・・・・・コレが入賞したの?」
ってくらい記憶にございません!
まあ約1年前に扱ってそれっきりだしね^^:
そーいや去年の1月は、各店でカレンダーの投売りセールやってて、おいしかったなあ。
その反動か、今年はカレンダーの店頭販売数が少ない気がします。






第9位 

スカーレット・ウィザード 全5巻完結セット (C・NOVELSファンタジア)



注文数 18
商品の総売上 ¥44,520


9位にランクインしたのは、茅田砂胡のセット小説。
活字系ジャンルでは堂々の注文数トップです!
いやご立派。
この作者のセットものは、ほかにもオイシく扱わせていただいてます♪



第8位 

カスタムカバーiPhone5 銀魂×豆しば 総柄



注文数 18
商品の総売上 ¥58,850


仕入たら売れる、それが銀魂グッズ(もちろんモノによるのですが)。
この商品には遠征中、何度助けられたか。
「ああ、今日はサッパリだ・・・」というときに現れる白馬の騎士。私の中ではそんな印象。
ホント、この子とその兄弟のスマホケース、おいしかったわー。




続きは後日、気が向けば!
所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle