FC2ブログ

信越・東海地方遠征11日目

遠征11日目。
「アパホテル富山」にて起床。
ゆうべチェックインのとき、ビール1缶の無料券をもらう。
先日のアレがお詫びでもなんでもなかったことに気づくΣ(゜д゜)



まあ、朝飯が旨かったので許すことにしました。
バイキング。

DSC_0001_20141128090348bbd.jpg


北陸はメシが旨いねえ♪



チェックアウト後、まずはココへ。


DSC_0002_20141128090342899.jpg


マンガ倉庫富山店。
18禁コーナーの店員がめちゃくちゃ愛想悪かったです==;)



こことブックオフに一件寄って富山は終了。
金沢市へ移動。



小一時間高速道路を走り、金沢市へ到着。
ブックマーケット、アニメイト、ブックオフなどを廻りました。




16時過ぎ。
飽きた==;)



・・・・・・新潟が恋しいなあ。



新潟はちょっと独特な印象でした。
何か見所があったわけじゃないけど、雰囲気がよかったんだよねえ。
金沢は日本海側では新潟市と並ぶ都市てすが、比べると人のペースが早足で、街並もごちゃごちゃした感がします。
なにより、金沢は道路が狭くて走りにくいんですよ。



・・・・・・また新潟へ行こうっと==)
新潟ではそれなりにいい仕入もできたしね。




この日の掘り出し物。
ブックオフ野々市若松店にて、280円でゲットしました。


DSC_0003_201411280903432b9.jpg


画像のはこの商品のようです。




5000円近くで捌けそうかな♪



けど今期、売上がイマイチ伸びてないんだよねえ。
まあ遠征中だから仕方ないけど。
帰ったらとっとと出品して、ガンガン売れるようしないとなー。




晩飯は昨日食べ損ねた回転寿司へ。
看板の名前がツボに入ったので、この店にしました。


DSC_0004_2014112809034528a.jpg


シブがき隊のメロディーを脳内再生しつつ入店。
お味はまあまあ。お値段もまあまあ
9皿で3000円近く也。



食後に一仕事し、その後金沢を離れました。
福井市へ。
そろそろ終了ムード。少しでも大阪に近づいておきたいやね。



20時前、ホテルへチェックイン。
部屋はなかなか良いカンジ。

DSC_0005_20141128090346b3d.jpg


一休みしたあと、愛用のノートパソコンを広げ、ビール片手にamazonの価格改定にいそしみました。
売れろ~、うれろ~。



22時ごろまで飲みながら働き、お仕事終了。
就寝。
おつかれさまでしたー。




そして次回の更新で、この遠征も終了です。
おつかれさまでしたー。




今日は午前中は福井を廻りますが、早いうちに大阪へ帰る予定です。
ではでは~♪




所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle