FC2ブログ

トイザらスでの仕入商品の値下げ競争。そして秋祭り

今日の1冊



 105 → 980

購入されたのは航空自衛隊の人でした。
新谷かおるの作品を読んで、空を飛ぶパイロットに憧れた人は少なくないと思います。





トイザらスで仕入た商品の値段競争が激しいです。
ここ最近、トイザらスのパズルを積極的にチェックしていました。
ラベルの価格と実際の販売価格が違う、そういうお店がけっこうあると気づいたからです。



が、仕入たのはいいものの、同業との価格の下げあいに辟易してます。
出品者数が多くて、中にはツールを使っているのか、こちらの価格より1円安く値下げしてくる。
新品でこれをされるとつらい。中古と違い、商品説明が購入の大きな決め手になるわけじゃなく、どうしても価格が大事になります。
amazonのカートを取れるかどうか、も大きいですしねえ。



たとえばコレ。





仕入たとき、amazonの新品最低価格は2000円オーバーでした。
ですがここ1週間ほどで大幅に値下がりしてます。



まあ、主に私が下げていってるのですが。
私が下げるときは50円、100円単位で値下げしてます。
数円単位の値下げなんてみみっちいことやってられっか。ケッ。




と、やさぐれたくなるくらい競争が激しいです==;)



ちまちま価格変更するのも面倒だし、本日、在庫処分するつもりで大幅に値下げしました。
ツールを使って値下げしてる連中が引っかかったら、逆に値上げして様子を見るかねー。
さてどうなるか。





閑話休題。
きのうと今日は、ウチの地元の秋祭り。
皆で楽を立てて練り歩き、囃子を唄い、神輿を担ぎます。


DSC_0031_convert_20141026103108.jpg

DSC_0034_convert_20141026103127.jpg

DSC_0032_convert_20141026103118.jpg



私は本日、昼から神輿を担いできます。
ちなみにウチの神社には、太鼓みこしと普通の神輿の2種類あります。
太鼓みこしのほうが重量が重め。
神輿を担ぐのは初めて。いっつも太鼓ばっか担がされて、重さにひーひー言ってたもんなあ^^;
今年からはきっとラクなはず!




では、もうしばらくしたら集合場所へ向かうとします。
お祭りでご奉仕されるお仲間がた、今年も頑張りましょうぞ♪





所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle