FC2ブログ

プチ遠征の感触はイマイチ

毎度。所長です。
ただいまプチ遠征中2日目。
今朝は南彦根のスーパーホテルからブログを更新してます。

20140905094117e79.jpg


ロフトあるけど一人部屋。
朝飯付きで4860円。
朝のバイキングで出てきた豚角煮がキョーアクな旨さ。
メッチャ旨いけど、なんで朝からこんなコテコテだすかな?(*_*;



昨日は高槻から寝屋川を抜け、京都の南端を攻めました。
滋賀の宿に着いたのは深夜で、結局滋賀では仕入してません(^_^;)



昨日1日廻った印象。
ブックオフでのせどりは厳しくなってるな、と感じました。
8月はどこもセールしてたからなあ。
どこも同業者に刈られ済みな雰囲気でシブい。
おかげで昨日のブックオフ仕入はさっぱりでした。
一店舗の仕入額は5000円越えたらいいほうです。
それもコミックのセットものが主な仕入。
コレじゃあねえ┐(-。-;)┌


まあ、年末が近づけばライバルの一部は新品せどりに流れるだろうし、今よりマシにはなるのでしょう。
けどねえ。


これからも変化して行かないと稼げない、と思いましたね。
扱うジャンルを広げるための研究など、せどりの力をつけるのもひとつだけど、それだけじゃなくて。
変化の方向についても、色んな選択肢があるから、チャンスを見失わないようしないとね。



んで今日は滋賀と福井の境あたりをメインに廻りました。
んー、今日もイマイチやね==;)
まあ、年末が近づくまで、しばらく我慢も必要やね。
仕事は辛抱!



んじゃ諦めてのみにいくかねー♪
夜のネオンが呼んでるぜー!!




所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。いつも楽しく拝見してます。年々厳しくなってますよね。わたしもセットコミックをよくするのですがブックオフより倉庫系や三洋堂書店や、小さい個人の古本屋のほうがせどれる気がします。
三洋堂書店では1500円→2000円みたいに厳しいですが、帯付の美品ってことでコレクターで3000円で出したら時間がかかるのですが売れます。三はシュリンクするので帯なんかそのまんまです。三でもせどりを良く見かけるようになって来ましたがorz ブックオフより良く見ますw

あと気になるのがブックオフのプロパーにもせどれる本がないってことです。所長は遠征をされまくっているからチェックされていないかもしれませんが、
地元のブックオフのプロパーの値札の色を見て単Cに落ちたら買おうとチェックしてます。その数が極端に減りました。プロパーにもセット売り1冊200円以上の価値の本がないです。

ブックオフに売る客減ってないか?とかなり危機感を持っています。

>あ さん

いつもコメントありがとうございます^^


ブックオフとヤフオクとの提携によって、ブックオフの店舗からせどれる品が減りつつあるのかも知れませんね。


以前なにかで見たのですが、ヤフオクの活用方法の一つとして、プロパーから単Cに落とす前に一度出品してみる、といった内容の記事を読んだことがあります。
プロパーから単Cに落ちたら買おう、と思っていた商品が消えているのは、ひょっとしたらヤフオクに出ているのかもしれません。


ライバルはせどらーではなく、ブックオフなのかも知れませんね。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle