FC2ブログ

約1年ぶりのヨットです!(=゚ω゚)ノ

今日の1冊



 420 → 1500(FBA)

今年は三部けいのコミックセットをちょっと狙ってます。
・・・内容はあまり好きでもないけどね^^;





本日はヨットの日。
&本日は晴天なり。



洗濯物を片付け、日課の発送作業をこなし、昨日の消防団仲間との酒を抜くべくジョギング。
やるべきことを終え、10:30、バイクで出発。
宝塚で高田を拾い、2ケツで芦屋浜へ。
お盆最終の日曜なので渋滞が心配でしたが、意外とすいていて一安心。



11:00 芦屋浜到着。
乗るのはいつもの2人用のディンギー、シカーラ。
セールに描かれたセミマークがチャームポイントです。


DSC_0009_convert_20140817193910.jpg



数字の上にセミの羽が覗いてます。
少しわかりにくいですね^^;




一年ぶりの艤装は、思いのほかすんなり進みました。
なんだかんだで私も高田もヨットクラブ3年目。
船の準備の仕方は、それなりに身体に沁みついていたようです。



もやい結びにてこずったのは、まあご愛嬌ということでひとつ。



船体から這い出たフナムシにびびったりしつつ、約一時間後、艤装完了。
着替えや出艇報告など、その他全ての作業を終えて、出艇したのは12:45でした。
ボンボヤージュ!



ここからは出艇の描写を少しばかり。



~ 出艇 ~


艤装を終え、出艇所まで専用の台車に乗せて、ゴロゴロとシカーラを運びます。
そのまま入水。
船を海に浮かべたら、1人(高田)が船を掴んで止めておきます。
そしてもう1人(ワタシ)は台車を引き上げて、出艇所の近くの台車を並べるところに置きます。
このとき、船の舳先は風上に向けておくのがセオリーです。



船に戻り、掴む係チェンジ。
高田を先にシカーラへ乗せます。
船を海に押します。深度が必要なのよね。あーホント芦屋の海はキタナイなあ^^;
船体を90度廻し、海を前方に。出艇所を背にする形に。
先ほどまでは艇を停止させるため、セールが風に煽られないよう風上に舳先を向けていました。
それを推力を得るために、セールが風を受ける角度へ船の向きを変えたのです。
「センターボード」
私の合図で高田がセンターボードを押し込みます。そののちジブを操作。よし手順どおりやね。
風は問題なし。
私も乗船。風がいいので余裕があります。
メインセール。あ、ラダー下ろすのが先か^^;よし下ろした、ティラーも握った。
進路OK、船体の角度も問題なし、ロープOK。
GO!


~ 出艇成功 ~



とまあこんな感じです。
このとき、出艇所での沈没は全力で回避しましょう。ちょうかっこ悪いです。




そしていったん港を離れると、あとは楽なものです。
飛行機は離陸と着陸が一番難しいそうですが、船も同じじゃないかなと思います。
私らみたいな素人に毛の生えたようなものでも、出艇しちゃえば何とかなるのです。



もっとも、普通の天候の場合ですよ?
強風など、操船の難しいときは、あたしらレベルだと出艇を諦めるのが無難です==;)




本日の風はほど良い感じでナイスでした。
強弱のムラや風向きの変化もあり、中々楽しめましたね。
高田と変わりばんこにティラーを握り、たっぷり2時間近く海のレジャーを満喫。
そろそろ帰ろうか、という頃に悲劇は起きました。




発端は、高田が「俺もハイクアウトしたい」と言い出したことでした。
いつだってトラブルは奴が呼び込むのです。
私じゃないですよー^^;



ハイクアウトというのは、船体が傾いたとき、バランスをとるために反対側に重量を掛けるテクニックのことです。
私らの乗っているディンギータイプの船は、セールに受けた風のエネルギーを、前方に進む力に変えて走ります。
たくさんのエネルギーをセールで受けると、早く進むのですが、エネルギーが強すぎると横倒れしてしまいます。
それを防ぐためのテクニックがハイクアウトで、倒れようとする側の反対側に加重を掛けることで転覆を防ぎます。
具体的には足首を甲板のゴムバンドに引っ掛け、おもむろに船から水際へ身を乗り出し、重みで反対側に引っ張るのです。
身体は下半身で支え、上半身は全て海面です。
ワイヤーから伸びる専用の器具を掴み、水面ギリギリまでせり出します。
最初は怖いのですが、慣れるとけっこう、いやかなり気持ちいいのです。



私は大抵器用にこなすほうで、ハイクアウトも難なくできました。
けれど高田は未経験で、私がやってるのを見て、やりたいなあと思っちゃったワケなのです。




そしてどうなったかと言うと・・・・・・。
飽きたので明日に続きます!






え、続き別にいらなくね?見たくないよそんなの?
と思った方はせどりボタンをクリック!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 近況報告
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle