FC2ブログ

ブックオフセールでそれなりに仕入れる。

今日の1冊


花咲ける青少年 特別編 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)花咲ける青少年 特別編 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/03/04)
樹 なつみ

商品詳細を見る


 200 → 680

好きな漫画家の一人です。
『花咲ける青少年』は、少女マンガには珍しく政治や経済に絡めたストーリーだったのですが、内容がとてもしっかりしていました。
連載が終わって十年以上経ちますが、最近アニメ化され、その続編としてこの作品は発表さてます。
アマゾンでは新品が欠品中だったので、1000円以上に売値をに設定しても売れたかもしれませんね^^;


1日2日とブックオフのセールがあったので、両日とも参戦しました。
1日は箕面市役所店で、10:00~12:00までの半額セール(但し高価買取商品及び105円本及び少年コミックを除く)に挑戦。
元旦なのにオープン前から長蛇の列が出来ていました。
私は半ば物見湯山のつもりだったので、最初は見(ケン)に回りました。本を手に取るでもなく、ふらふらと各コーナーの人間を見て回りましたが、どうやら『仕事』で来ている人は思いのほか少なく、数人程度。この店は在庫数が多いので、これならじっくり見て回れると判断し、雑誌コーナーで空いているところを順番に攻めて行きました。
結果は良好。
仕入額に1万円近くかかりましたが、この日に仕入れた1冊は出品後に即売れしました。5000円ほどの値がついたので、半分はペイしてます。
ちなみにその本がコレです。


Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2011年 07月号 [雑誌]Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/05/21)
不明

商品詳細を見る


 200 → 4980

附録に人気があったみたいです^^


2日は伊丹大鹿店。セール内容は箕面店と同じでしたが、こっちは入店直後、イマイチ雑誌でいいのを発見できませんでした。『仕事』の人の姿もほとんどなかったので、利益の出る本は1日目に掻っ攫われていると判断。
仕方なく少女コミックコーナーを物色し、前述の『花咲ける青少年 特別編1』などを拾ったのですが、文庫コミックコーナーで店員が品出ししていたので、尋ねてみました。
「ここは半額ではないですよね?」
「いえ。少年コミック以外は半額ですので、文庫コミックはセールの対象になります」
俄然ヤル気が出ました。
文庫コミック・青年コミックを中心にチェックし、仕入額は3000円ほど、内容的にもそれなりの収穫になりました。
夕方にもセールをしていたので、覗いてみたかったのですが、昼頃から夕方までは来客があったためムリでした。
まあ良しとしましょう。

スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あはは^^;

お互いお仕事張り切っていきましょー^^
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle