FC2ブログ

第二次関東方面遠征 3日目

遠征3日目。
伊豆市のペンション「オリーブの木」にて起床。
朝、熱いコーヒーが猛烈に飲みたくなって困る。今朝もそうだけど。
大抵のホテルにはポットがあるし、インスタントコーヒーどっかで買うかね?==;)




この日は沼津・富士で仕入。
当たりもあったものの、トータルではいまひとつ物足りない結果でした。
全巻セット系しか拾えない、ってのはオイシくないんだよねえ。本は重いしかさばるから。





本日は仕入のお話はここまで。
あとは雑談的なことをば。




今回の遠征では、夜は基本的に「読書」して過ごそうかと思っています。
思えば、私は昔から本やマンガが好きでした
学生の頃は休みごとに古本屋巡りをしたり、本屋で立ち読みしたりして過ごしたりしたものです。
あの頃はただ純粋に、面白い本を探し、読むことが好きでした。
学生のころから遥かかなたの現在、本を扱うことを商売にすることになり、掘り出し物を見つけるのが楽しくなりました。
でも、面白い本を見つけ出す楽しみ。それも大事にしたいな、と思ったワケです^^




昨日出会ったこのマンガが面白くて、そんなことを考えました^^



ふたりの恋愛書架 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)ふたりの恋愛書架 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2013/02/12)
ヤマザキ コレ

商品詳細を見る


全2巻。
古本屋のお姉さんと学生の主人公との恋愛譚。
なんとなく面白そうで、価格サーチもせず購入しました。
読破後、私のカンもまだ捨てたもんじゃないなと思いました。




ライトノベルも1シリーズ読み進めてます。


ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
庵田 定夏

商品詳細を見る


全11巻。
現在2巻の途中。
高校生を題材にした、ちょっと不思議なおはなし。
こういう、人間をキチンと描けているラノベは好きです。




オフィス北極星も3巻までゲット。


オフィス北極星(3) (モーニングKC)オフィス北極星(3) (モーニングKC)
(2012/11/12)
真刈信二、中山昌亮 他

商品詳細を見る


本当に久しぶりに、主人公ゴーの魅力を堪能しています。
いいなあこのお話。
原作者の真刈信二は、ほかに「勇午」の原作も手がけており、こちらのほうが有名。




と、本日のブログは遠征らしからぬ内容でスミマセン^^;
一度改めて自覚したかったんですよねー。
私は良作のマンガ等、「いい」物語が好きで。
そういう本やゲームなど、さまざまな宝物と出会えるこの商売は、とても素敵なものだということを。




さて、それでは本日も仕入に廻るといたしますか♪






所長に応援のクリックを!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle