FC2ブログ

第二次関東方面遠征 2日目

遠征2日目。
富士急ハイランドから車で10分ほどの「ホテルベル 鐘山」にて起床。



車で高田夫妻の泊まるホテルへ。
本日は午前中は観光。
夫妻を河口湖のオルゴール館へ送り、私は湖周辺をドライブ。

20140722081733a45.jpg

ラベンダーが花盛り。


その後、高田夫妻を御殿場駅に送りとどけて、観光モードは終了。
いよいよ仕入。




まずは御殿場のブックオフから。
店内には、
「バーコードリーダーをお使いの方は、ほかのお客様にご配慮ください」
との張り紙が。
はーい。気をつけまーす。



この日、感触はかなり良好。
キスマイの限定盤、amazon価格数千円のが100円で落ちてたり。
韓国系アーティストのオイシイのをいくつか拾えたりしました。
本、DVD、ゲームはイマイチだったかなー。




ただ先日の遊び疲れもあってか、たった3件でギブアップしました^^;
スマホの電池も乏しかったため、18時過ぎと、遠征中にしては早い時間帯から宿へ。


伊豆市のペンションで一泊。

201407220817353e5.jpg

この小さな家ひとつが一部屋。



20140722081736dfc.jpg

1人なのに4人部屋で泊まることに^^;
お値段5000円ポッキリ。




温泉。いい湯だな~♪
夕食を食べるところを探すついでに、仕入れたものを一箱さっそくカインズホームから発送。



ただ、ねえ・・・・・・。
こないだカインズの発送サービス利用したとき、発送物をカインズの倉庫に2週間ほったらかしにされたんだよねえ==;)
届いたら段ボール箱はボロボロ。

安いけど、中の商品が壊れたりしたら元も子もないからなー。
今回は使うけど。



ペンションに戻り、「伊豆の国ビール」をグビグビ。
プハーうめー♪



とまあ、仕入初日としてはゆるーい感じのスタートでした^^;



所長に応援のクリックを!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自動車用充電器持ってないの?

Re: No title

> 自動車用充電器持ってないの?


あるけど、初日でいろいろカンが悪くてねえ。
スマホ二台とも電池が少なくなってしまったのよ。
まあ、1台はカーナビがわりにしてたしね。
車で充電しても回復はたかがしれてるから、一旦宿に行って荷物置いて充電して、また出るかな~と。
で、充電待ちに温泉入ってほわほわ。やる気うせたというわけさ(^-^)v
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle