FC2ブログ

深谷陽の短期集中連載がおもしろい!

今日の1冊



 105 → 2980

amazonに出品したのが2012年の10月。
売れるまでに約1年半かかりました。
そういうコミックの在庫が、ちょくちょくあります。






今朝は日本-ギリシャ戦を観戦しました。
結果は引き分け。
しかし、いい試合でしたね!^^
見てて楽しかった。
そうそう。日本のそういう躍動感ある試合が見たかったのよ♪
今後の日本サッカーに期待が持てるような内容でした。
私的にはかなり満足^^
MOM(マン・オブ・ザマッチ)は長友かな。彼の動きはよかった。


*追記
その後フットサル仲間とこの試合の話をすると、長友の評価はイマイチでした。
簡単にクロスを上げては跳ね返される。むしろ相手に上げさせられてる、とのこと。
大久保みたいにドリブルでつっかけてゴールに迫らないとダメ。

むー、そーいうものかー。



さて本題。
週刊漫画誌「モーニング」では、今週から深谷陽の短期集中連載「楽園のスキマ」が始まりました。



彼の作品に出会ったのは、確か大学の頃でしたか。
「アキオ紀行バリ」「アキオ無宿ベトナム」はいずれも優れた良作でした。






ジャンル的には実話系海外貧乏旅行エッセイコミック、ってとこかな。
今回の作品「楽園のスキマ」はこの真相を語るというもので、主人公の名前も「アキオ」ではなく、作者名の「アキラ」。
ほほー、どれどれ、パラパラ・・・・・・・・。




おもしろい!!!((((;゚Д゚)))))))




え、あのヒロイン、実はそうだったの?
てか「アキオ」の物語より実話のほうが面白くない( ゜Д゜)!!??


と、久しぶりに続きが楽しみな作品に出会えました。
いいねー♪



10年以上前のモーニングが懐かしくなりましたね。
あのころは、2巻完結の作品でキラ星のような名作が、いくつもあったんですよ^^
ざっと思いついた作品を上げると、


「アキオ無宿ベトナム」「はまりんこ」「メロドラマ」「オンサイト!」「東京トイボックス」「U-31」


こんなトコかな。どれもこれもオススメ。懐かしいねえ♪



まあ、モーニングは今もいい雑誌ですよ。ウン。
問題はイブニングだよね・・・・・・。
以前は興味深い作品が多かったのに、最近はさっぱり。
作者のラインナップも週刊連載経験者の墓場みたいになってるし。
今ではいつの間にか「オールラウンダー廻」しか読むのが残ってない(「もやしもん」もたまに読みます)。
どうしてこうなった==;)



講談社は、少年・青年漫画に関しては最も良質の作品を生み出すことのできる出版社だと、私は思っています。
イブニングの復活を祈っています。



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle