FC2ブログ

四国小遠征 その2

四国遠征2日目。
高知のホテル「サンピアセリーズ」にて起床。


DSC_0005_convert_20140615083618.jpg


シングルが満室で、ツインに変更してくれました。ラッキー♪
部屋は広く清潔で、お値段4900円。安い。
このホテル周辺にはテニスコートやプールなど、さまざまな運動設備があり、ホテル内には体育館まである珍しいホテルでした。



チェックアウト。
まず向かったのは高知市内にある「ひろめ市場」


DSC_0009_convert_20140615083646.jpg


ここのカツオが旨いと、同業の方に教えてもらったのです。


DSC_0007_convert_20140615083713.jpg



ウマーイ!(=゚ω゚)ノ


と、現地グルメに満足したのち、お仕事開始。
昨日の徳島は枯れたからな~。
期待してますよ!高知!!




仕入中・・・・・・・・・・・・




うーん・・・まあ、徳島よりはマシ?
商品はキレイ。
ただ・・・・・・おいしくはないカモ==;)




DSC_0010_convert_20140615090332.jpg



高知の雰囲気は南国っぽくて好きなんだけどね。


DSC_0011_convert_20140615083703.jpg

高知駅前では「ブックオフカフェ」というのを発見。
店内の飲食コーナーでは、飲み食いしながらブックオフの本を読むことが可能。
こーゆーのは初めて見たな?




高知を一通り廻ったあとは愛媛に移動。
ブックオフが閉まるまで粘りました。



そして夜のうちに瀬戸大橋を渡り、本州へ。
気力が続けばそのまま大阪まで帰るつもりでしたが、あいにく岡山で撃沈。
鴻ノ池SAで朝まで眠りました。



そして3日目の朝。
大阪へ帰る前に、一度兵庫で高速を下りました。
行きつけの24時間営業の店舗で仕入。



この店の仕入が、この遠征イチの成果でした(゚д゚ )





今回の遠征について。

四国は各県、店のある場所が集中しているので、比較的車で廻りやすいですね。
ただ、さほどおいしくはない、というのが私の印象でした。
今年は九州南部にも遠征しましたが、そっちのほうが良かったですね。お店の数も内容も。



ま、四国は一年に一度廻るくらいで十分かな。



今回は仕入がイマイチだったので、出品地獄にあらず。
まあ帰宅直後の昨日は忙しかったけど、2日目の今日はさほど出品物も残ってません。
さびしいねえ^^;



今日はひと段落したら、姫路方面をバイクで廻ります。
でわでわ~♪





所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle