FC2ブログ

コミックレビュー(仕事からの現実逃避)

今日の1冊



 998 → 2050

同人誌。またの名を薄い本。
同人誌は初の仕入。今回は知人が教えてくれたので仕入れてみました。
が、このジャンルは底なし沼と心得ているので、あんま手を出す気はありません^^;






あいも変わらず作業は山積み。
ブログを更新している机の横には、出品待ちの商品がリアルに積み重なっています。
んで、明日から1泊2日で三重県に遠征予定。
仕事を片付けるべきなのは判ってるのですが・・・
気が乗らん==;)
なので現実逃避に、最近のマンガや本のお話でもするとしますか。




最近面白かったコミックについて。



森遊作「Bugsy」


あの森遊作の裏カジノもの。くぅー興奮!
と読み始めると、もう、いいんですよねこの人のテンポというかストーリーの進め方が^^
まだ2巻までしか発売されてませんが、とても先が楽しみな作品です。
ちなみにこの作者、「Bankers」(全3巻)という裏カジノものを以前書いており、こちらも名作。





今日、漫画喫茶で読んだシリーズ。



南勝久「なにわ友あれ」


読むのはもう何度目になるやら・・・。
ボチボチ2桁になるかな?
いーかげん買い揃えてもいい気がする今日この頃。
環状族の話なので、基本殺伐としてるのですが、時折かましてみせる笑いのセンスに痺れます。





あと最近は読んでないけど、ギャンブルものつながりで1作ご紹介。



青山広美「バード」


麻雀漫画の最高傑作。全2巻。
互いのイカサマをいかに封じ、いかに成功させるか、的な内容がメイン。運のやり取りとかは皆無。
麻雀もの、というよりギャンブルものとカテゴライズすべき作品か。
連載時にリアルタイムでこの作品を読めたのは至福の喜びでした。


ライバルの悪役「蛇」は、ほかの誰も真似できないイカサマ技を完成させた人物。
彼がその技を身につける過程には、幾多の失敗もありました。
そのとき、自らに暗示をかけるように、何度も呟いていたセリフがあります。

「できる」
「オレにはきっとできる」

この言葉は今も心に残っています。
くじけそうなとき、私もこのセリフを心の中で呟いてます。
まあ、この「蛇」は極悪人ですが。なにか?




今日はなんだろね。コミックレビューブログ?
さてボチボチ仕事すっか・・・==;)


所長に応援のメッセージ&クリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle