FC2ブログ

三重小遠征 ~ヒッチハイカー拾いました~

今日の1冊



 525 → 2450(FBA)

出品して2週間ほどで売れました。
このセットはいけそうなので、これからも追ってみます。






日曜日、朝。
ふと遠出がしたくなりました。日帰りで帰れる程度の。
悩むことなく出発を決意。
その日すべき仕事を素早く終え、着替えも持たずに旅立ちました。



さて、行き先は東か西か。
西なら姫路あたりだけど、こっち方面は先日神戸まで行ったばかりなんだよね~==;)
なら東か。
久しぶりに滋賀を攻めるか・・・・・・いやもう少しガンバッて三重もいいかも。
まあ、とりあえず出発するかね。



などとテキトーな気分で旅立ち、名神高速で京都から滋賀へ。
大津SAで一服。
三重まで行く気分になっていたので、ロングドライブの心の準備をして、さて再出発。
のつもりが、車を発信させた直後に気になるものが。
そこには「東へ」と書かれたボードを持つ若者2人の姿が。



・・・・・・ヒッチハイカーとは珍しいな。
面白そうだし乗せてみるか。




というワケで、路肩に止めてヒッチハイカー2人に合図を送ることに。
彼らは凄く喜んでくれ、「ありがとうございます!」と何度もお礼を言い、車に乗り込んできました。




彼らは「東京旅人会」というグループに所属している大学生の男女2人でした。
今回は【東京タワー → 京都タワー】をヒッチハイクだけで往復しようという企画で、12人6組が参加してるとのこと。
「こーいうバカっぽい企画やるのは、学生くらいですよね」と、男の子のほうが嬉しそうに語りました。
むう、ちょっと私もやってみたいぞ==;)




小一時間ほどの楽しいドライブを過ごし、私も三重で高速を降りるので、御在所SAで彼らを下ろしました。

001_convert_20131112094454.jpg

ナカムラくん、ツヅキさん、縁があればまた会いましょう^^




さて、お仕事です。
まずは桑名のイオンモール内にあるブックオフを攻め、四日市を抜けて鈴鹿方面へ。
やー、さすが三重。オイシイわー♪



などと浮かれていたのがいけなかったのか。
四日市のブックオフで、荷物をトランクにしまう際に車の鍵も一緒に入れちゃいました
車内も締め切ったままで、スペアキーも持ってません。
・・・・・・え?マジ??JAF???



とりあえず心の中で叫びました。

マイ、ガッ!!!Σ(゚д゚lll)



しかもJAFに電話をすると、到着までは1時間以上かかるとのこと。
近くのパチンコ屋で時間をつぶしましたが、1時間ほどの遊戯料はそれなりに高くつきましたとさ。




この時間のロスが響いたため、この日の夜は帰宅せずに鈴鹿市のビジネスホテルで泊まりました。



次回へ続く。



禁酒4日継続の偉業達成!
所長にお祝いのクリックを!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle