FC2ブログ

数ヶ月ぶりのヨット

今日の1冊



 1260 → 2980(FBA)

限定版コミックを見つけたら、とりあえずサーチしてみてください。
定価越えしているのも少なくありません。





オイシイのが売れたので、今日はもうひとつご紹介。



 480 → 12500(FBA)

フィギュア同梱のドラマCD。書き下ろし小説付き。
リサイクルショップで発見。
一月ほどで売れました。






昨日は久しぶりにヨットに乗ってきました。
いつものように相棒高田と2人でシカーラに乗船。
最近少し慣れてきたのか、艤装もスムーズに終えることができました。
黒球付け忘れたけど^^;
(黒球=黒いウキ。メインセイルの上部につけておくと、チンしても完全にひっくり返ることはなくなる)
あと、出艇場所に船首から突っ込んじゃったけど。
(注:向かい風のときを除き、出艇場所には船尾から進入する)
・・・いろいろダメじゃん。


が、海へ出ると、そこからは全く問題なし。
てか風はあるし、日差しも思ったほど強くないし、絶好のセーリング日和。
橋を越え、湾の広いところまで出て、しばらく操船を楽しみました^^
そこではクラブの新人、宅島さんと遭遇。
まあ新人と言っても、ヨット経験のある方で、ヒールを効かせてレーザーを走らせており、あきらかに私や高田よりも上手かったのですが^^;
私らはまだ初心者レベルだから、比べる段階じゃないけどね。





そのうちに帰艇を考える時間になってきたので、来た橋を再度くぐり、出艇場所の近くへ。
飽きたら戻ろうとターンの練習をしているうちに、ある船が目に付きました。
レンタルの2人乗りの船で、さっきから何度もチンし、そして起こし、またチンして起こして、とを繰り返しているのです。
2人はどう見ても、船を起こせずに困っているように見えます。
しばらく迷った末、様子を確かめる為に接近して声を掛けました。
「大丈夫ですかあ?」



状況を聞くと、コクピットに水が溜まっており、艇を起こしてもバランスが保てずにいる模様。
なんとかチンから脱出しようと、一人が船を支え、一人が船に乗って水を掻き出してましたが、それは少々無理があるようで、見ているうちに2度チャレンジに失敗していました。
海体に連絡したほうが良さそうなので、彼らに「海体の人呼んでくるわ」と告げ、すみやかに帰艇。
陸でレンタル艇の船体チェックをしていた海体の人たちに状況を伝えました。



結局、彼らは救援のボートに曳航されて戻ってきました。
後で聞くと、船体に穴が空いていたそうです。
ああ、なるほどと納得。何度もマストは起こせていたのに、全部また倒れるってのは、なんか妙な気がしたからなあ。
人助けをして、少しいい気分になりましたとさ^^


応援クリック希望!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle