FC2ブログ

milktubの大阪公演に行ってきました!

今日の1冊



 1260 → 3195

全巻セットの定番。
この1セットで在庫がなくなりました。
また集めるとしますかね^^









milktubの大阪公演を見に行ってきました!


milktub 「KICKING NOISE TOUR2013」大阪公演


milktubはゲーム会社の社長がボーカルを務めるバンド。
「キラ☆キラ」や「deardrops」といったロックバンドを題材にしたゲームを世に出しており、私は一度ライブを見に行きたいと思っていたのでした^^
なので一月前にはネットで予約しており、この日を楽しみにしていたのです。



というわけで、相棒高田とライブハウス「大阪キングコブラ」へGO!



開演20分前に入ると、店内には既に100人近い人が。
おーすごいなー。
いかにもロックやってるって雰囲気のところだわ。
けど思ったよりキレイだし、そんなヘンな人もいなさそうね。





会場のまん中よりで高田と初心者っぽい感想を交し合っていると、近くに居た人から忠告が。
「カバン隅に置いといたほうがいいよ。そのへんだと前に押されるから」
忠告サンキュー。




2杯ほどアルコールを注入した頃、ライブが始まりました。
1発目のバンドは「GELUGUGU」(ゲルググ)。
6人編成のバンドで、一般的な楽器+サックスとトロンボーン。
へえー、そういうのもアリなんだ、と驚く。
あとでネットで調べてみると、このバンドはスカコアバンドと呼ばれるジャンルに属しているとのこと。
スカコアバンドはホーン・セクションを擁するバンドも多い、と。ほほー。
このバンドの音が一番良かった気がします^^



お次は「ニューロティカ」。
結成29年にもなる伝説的ロックバンドとのこと。29年て!すごっ!!
ピエロに扮するボーカルのイノウエアツシさんのMCが傑作で、
「町内会で、老人会の青年部に入るよう誘われました」と。
うーん、ロックだ^^;



ボーカルのインパクトではここが一番でしたね。
高田はこのバンドが気に入ったと言ってました。



トリ前。
山本アイネ(山本美穪子)と桐乃小島AYUMU(AYUMU)」。
milktubのボーカルbambooプロデュースのゲーム「僕が天使になった理由」に登場するバンド「CaS」のお2人+@。
うーん、ここはちょっとイマイチだったかな。
ボーカル、声の質は良かったけど、なんか音が小さくて迫力がなかったんだよね^^;
とはいえマッタリと聞く分には中々悪くなかったと思います。




そして本命の「milktub」。
このバンドも結成23年。オヤジバンドといっても良いのではないでしょうか^^
演奏やステージパフォーマンスなどは流石にベテラン、見事でした。
会場も大盛り上がり。
私も高田も大満足の夜となりました。




けど、前座と思ってた前二つのバンドが思った以上に良くてビックリ。
帰って調べたら、GELUGUGU、ニューロティカ、どちらもメジャーデビューを経験しており、CDを何枚も出していました。
ほー。
個人的には本命のバンドより気に入ったわ。
また行こうかな♪



「せどり」のクリックお願いしまーす(・ω・)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle