FC2ブログ

九州遠征7日目

九州の滞在期間が一週間となりました。
15日には大阪の飲み会に参加する予定なので、今が遠征日程の折り返し地点、ってトコですか。
今朝は長崎からこのブログを更新しています。




昨日はまず福岡のブックオフ2件を攻め、佐賀から長崎へと向かいました。
この2件では思いのほかイイ仕入が出来ました。満足♪
うち1件では仕入金額も2万オーバーとなったのですが、クレジットが使えず現金のみでした。九州ではクレジットの使えない店が関西に比べて多く、そのため一定額の現金をサイフに入れておくのをオススメします。





段ボール箱2箱、仕入れた品物で一杯になっていたので、佐賀県に行く途中の郵便局で自宅に発送。
今回の遠征ではあまりいい仕入ができておらず、量的にも通常時より少なめでしたが、4日目くらいには2箱満タンになっていました。
段ボールのサイズはタテヨコ高さが140センチ以内の寸法のもの。
次、長期遠征するときには、段ボールもっと持っていくほうが良さそうです(^^;;



その後海沿いの道を走り、佐賀県へ。
山と海の景色は美しく、見惚れて運転をおざなりになることも。危ないなあ(ー ー;)
玄界灘に立ち寄ると、女性2人が海岸で砂に絵や文字を書いて遊んでました。

image_20130608071812.jpg

和むわー(⌒▽⌒)
その後佐賀入りし、唐津市のブックオフへ。
ここもまずまずの戦果を挙げることが出来たのですが……。
福岡のブックオフからここへ来るまで1時間以上。
そして次に近いブックオフは、どうやら長崎にあるみたい。
……コレ何時間かかるの?




一路南へ。
走っても走っても山、もしくは海。
店がない、というよりも信号すら見当たらない状況が数時間続きました。
私も気分をバカンスモードへシフトし、お気に入りの音楽を車内で熱唱し、ドライブを楽しみました。
途中で伊万里市に寄り、現地の古本屋とTSUTAYAを攻めるも、戦果はたったの2冊。
この時点で18時過ぎ。
長崎入りしたのは19時頃になりました。



さて長崎です。
ブックオフは3件ほどあるようです。
この時間から全て廻るのは無理だし、どうすっかなと思っていると、ハウステンボスの案内板が。
「やっぱ長崎と言えばハウステンボスでしょ!」
と、観光モードに。
けど実は私、ハウステンボスの知識が皆無で、美術館なのかな?とか思っていました。
駐車料金600円。む、けっこうするなあ。
入園料3900円。高っ!
この値段な時点で美術館ではないと察していたし、何が出てくるか分からない得体の知れない気配を感じていたのですが、駐車料金を払ったのにここで引き返すのもシャクじゃないですか。
なので腹を括り、突入。




そこはおとぎの国でした。

image_20130608074241.jpg

なるほど、USJみたいなテーマパークやね。
けどココ、男一人で来る場所じゃないよね!!??




まあでも入ったからには満喫しないといけません。
アドベンチャーパークに向かい、ここの3つの施設全てにチャレンジ。
下の画像は【天空の城】という名のアスレチック。


image_20130608074344.jpg

サスケやってみたいな、と思う人にオススメです。
私もこういうの好き♪



私が気に入ったのは【シューティングスター】
滑車のついた棒を頭上で両手で支え、滑車で300mの長いラインを伝い、斜め下へと滑降するもの。
爽快でした^ ^



身体を動かした後は施設内をフラフラ。
カーニバル的なステージイベントを発見。

image_20130608074345.jpg

ここで私は駐車場での車中泊を決意。
ビール飲んで見物。まあ、たまにはこういうのもいいでしょ。



夜中に目が覚めると、近くに警備らしき車が止まっていました。
どうやらエンジン掛けて寝てた私を不信人物とみなしていた様子。
まあ、だだっ広い駐車場に数台しか止まってないし、目立つよなー(ー ー;)
ちょっと肩身の狭い車中泊でした。
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle