FC2ブログ

確定申告完了!そしてキャッシュフロー200万円突破!Yes!

今日の1冊



 105 → 431


ビジネス書のコミック版もなかなかオススメです。
定価越えしているのは私の知る限りありませんが、その代わりこのジャンルは回転の良い本が多いですね。











先日、やっと確定申告の書類を提出することができました。
バンザーイ!
ホント長かった・・・・・・・・・・・・。
来年はもう少し楽にできるよう、準備しておかないとなあ^^;





まず手こずったのが収支報告書の作成。
私はこれまでもずっと、仕入や雑費に使った金のレシートをノートに記入していましたが、これがそのまま収支報告書に使えるわけではなかったので、税務署への報告用に改めて項目ごとの分類などをする必要がありました。
これがとてもめんどくさい作業でした><



また、在庫商品の資産計上をどうするか、これも難問でした。
難問の理由は仕入単価を把握していなかったからです。
私の感覚では、現在、そして未来において、仕入た商品がどれだけの価値(現金)に変わりそうなのかが大切であり、あまりその商品を過去いくらで仕入たかは重視していません。損しなけりゃいいんだろ、ってなものです。
まあドンブリ勘定というやつですな、はっはっはっ。
・・・・・・・あんま笑えないなあコレ。経営者としてはちょっとダメな感覚かも^^;
まあDVDボックスなどの高額商品については、購入店のレシートを見ればほぼ分かるのですが、それをいちいち調べていたら膨大な時間がかかります。
そしてリサイクルショップなどは、レシートに商品名が載っていることはほぼないため、調査しても分からないものがでてきます。
そこで私は一年間の商品仕入にかかった費用(経費等は含まない)を、1年間のアマゾンの総出品数で割り、1個あたりの平均仕入単価を算出。
これに基づいて資産計上を行いました。
正確な数字じゃないのは百も承知ですが、まあ苦肉の策です。





ちなみに所得税の額は ¥117,700 でした。
まあこのくらいならなんとかなるけど、来年はこれに消費税の支払いが加わりそうです。
そうなるとかなりキツイですね。
売上を伸ばすことばかりに意識が行ってたけど、来年は節税対策をキチンと考えておいたほうがいいのかもなー。





あ、でも帰り道にコンビニのATMでチェックしたら、アマゾンから入金がありました。
今回の入金額は ¥657,922 。
この入金で、ついにキャッシュフローが200万円を突破!Yes!
まあ、このあとすぐ20万円おろしたので、瞬間風速でしかありませんでしたが^^;
しかしまたひとつ階段を上ったのも、これまた確かな事実。
次のキャッシュフローの目標は500万円かな。
今月は評価減で売上が落ちると予想しているけど、ちょっとやる気でてきた。こうなったらガンガン仕入て、逆に売上を伸ばしてやるかね^^
よし、やるぞー♪
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

今日の記事もすごい参考になりました(^O^)

これから、本格的にせどりをしようとしている者にとっては、確定申告の具体的な話などは本当に有難いです。

あと、アマゾンからの入金額ほんとすごいですね!


また、日程などが合えば、三重に来られる際は是非声かけてくださいね~。

コメントどもー♪

せどりは正しく経験を積めば稼げるようになりますよ^^
この仕事のいいところは、仕入に時間をかければそれなりに稼げる所だと思います。
これは東大阪在住のせどらーのお言葉で、私も全く同感です。



三重に行くときは、事前にブログで日程を公表するようしますね^^
予定が合えば是非会いましょう。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle