FC2ブログ

新品せどりにおけるお店との共存について

今日の1冊



 210 → 980

日本橋ヨヲコさんの作品は、この作品がヤングマガジンで連載されていて知りました。
コレと【極東学園天国】にはどっぷりハマりましたね。こう、あふれる青臭い情熱がたまりません。
そう思う人は多いのか、この本は人気のセットです^^








昨日たまたま「とびだせ どうぶつの森」のレビューをチェックしたのですが、




一番上のレビューが少しひっかかりました。
下記にそのレビューを転載します。



価格がまたヒドい事になってます。

人気ゲームには必ず出て来るこういった業者。

定価は4800円ですので、すぐ欲しい人は品切れのないダウンロード版を買いましょう。

どのみち、のんびりと長~く遊ぶゲームです。

スタートが少し遅くなるだけ。
たったそれだけです。

理不尽な業者を儲けさせる必要はありません。

どうしてもパッケージ版が欲しい人は少し待てば流通しますよ。

星5つはゲームの評価です。

業者の評価じゃないですよ。




こういうコメントを見ると、私はどこか後ろめたさを感じます。
自身が【理不尽な業者】だと言われているような気がして。
まあ深刻に考え込むほどではないですが、こうした声があるというのは常に頭の隅にひっかかっていますね。



私の考えとしては、新品せどり自体はアリです。
ただ、今回のような人気商品について、買占め行為をすることはナシ。
これをマイルールにしてます。

人気商品の買占めは、売ってくれる店に迷惑がかかると思うんですよね。
人気商品はお店のファンを増やすためのツールでもあると思います。なかなかどの店にも置いていないものが置いてあると『へぇー』と印象に残るし、探していたものがその店で見つかったら『この店覚えておこう』となりますよね。
買占めはお店にとって、お店のファンを増やす機会を逸することになると思う。だからやらない。むしろ人気商品がお店にないという状況が続けばファンが離れていくことにもなりかねませんしね。



私は【お店に好かれる客】でありたいという考えの元で、これからも仕入を行なっていきます。
その店のファンを失ってしまうような、根こそぎ買占めはやりません。
だからお店のルール内でコソコソっと手に入れ、儲けのおこぼれに預かるのは見逃してください^^;


スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こないだの子供向け商品せどりと近いものがありますよね
私も完全に同意見ですね。買ってくれる方がいる以上、その方には感謝されている訳ですから、
気にせずいきましょう
(^_^)

ありがとうございます^^

いつもありがとうございます^^
気にせず、というのはなかなか難しいですが、おっしゃるように感謝してくれるお客さんもいると思います。
そのことを励みにしたいですね。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle