FC2ブログ

最近の趣味ごとのおはなし

今日の1冊



 625 → 1580

値崩れしたため、せどりするには苦しいセットになりました。
内容は好きなのでまた仕入れるかもしれません。









昨日は雨だったので朝から読書。
元々商品用に仕入れたけど、なんとなく内容が気になり、出品を保留していた下記の本を読むことに。



メチャクチャ面白い!
あらすじは一人の新聞記者が【東日流外三群誌(つがるそとさんぐんし)】という東北地方から出土した古文書絡みの民事賠償請求訴訟について調べることになったのをきっかけに、古文書【東日流外三群誌】が本物の古文書か後年のデッチ上げなのかを追ってゆく、というジャーナリズム系ノンフィクションのお話。
まだ読んでいる途中ですが、【悪質なデッチ上げ】といえる材料があるわあるわ。グレーどころか限りなく真っ黒に見えます。



この【東日流外三群誌】、自治体から本として発行されたため信憑性がついたのか、東北地方にとどまらず全国果ては海外の教育機関にまで流布しており、本物の歴史書として認識されている人も少なからずいるようす
下記の矢口高雄のコミックはその一例。日本海の津波の歴史を検証する材料として『640年前の【十三湊の大津波について【東日流外三群誌】にはこのように記されています』と161ページに書かれています。
ちなみにその発言をしているキャラは歴史の先生。



現総裁安倍晋三が『私は安倍一族の末裔』と東北遊説で発言するのも、どうもこの古文書が根拠、というか古文書は本物と言い張るグループが彼の父親を安倍一族の末裔と持ち上げたことに端を発する、など、今旬のお方などもほんの少しではあるが登場したりしてます。
歴史好きでノンフィクション好きなら、断然オススメの1冊です。



まあ、まだ私も読み終わっていないのですが^^;
残りは後半分。つまりこれまで体験したのとほぼ同量、至福の時間が残っているワケやね^^
たのしみー♪





この本を読むとき、BGMにはこのCDをかけていました。
先日の日本橋遠征のとき、相当悩んだ末に自分用として購入したもの。



買って悔いなし。中世ヨーロッパ風のムード漂う楽曲に夢中。
これは18禁ゲームのサウンドトラックです。ゲームはまだプレイしたことありません。このゲーム、何度か手に入れようとヤフオクで入札したけど、ことごとく高額更新されて手に入らぬまま。
一応売り飛ばして利益がでる額で入札してるけど、ぼちぼち趣味と割り切って買うのもアリかな、と思いつつあります。



でも最近、ゲームではロクな目に会ってない。
先日買ったこのゲーム、




ありえないところでループして先に進めません。
メーカーに相談しようにも、商品は売り飛ばすべくFBAに送付済み。その中の紙にカスタマーコードが記されていたのですが、控えとってなかったので相談できず。
現在、一番楽しみにしていたシーンは未だ見ることかなわず。
・・・・・・・・・どうしてくれよっか><」

そしてこれ。



リサイクルショップで1290円で購入。
『そーいやスーファミのときにはまったなー^^』と懐かしく、今PS2借りたままなので。
で、プレイ。
『あー・・・そーいやFF7も、この3D移動に乗り物酔いしそうで止めたんだった』と不本意な記憶が蘇り、20分ほどで中断。多分再開することはないでしょう。



しばらくはペルソナ4と、気が向いたら三田遠征のときに仕入れたリトバスでもプレイしてるかな。
スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle