FC2ブログ

今日は兵庫東エリアに侵攻

今日の1冊



 420 → 1980

成田美名子さんの初期の傑作。
ちょっとコメディタッチな明るさがいい味してます。
好きな作品は在庫を切らしません!



もう一つ少年用の新書から。



 105 → 9800

まあ、もうめぐり合うことはない本かなあ。
この本を見つけたとき、レア中のレアな本だ!と、私の本能がビビビと震えました。
売れるまでに半年ほどかかったのかな?でもその間ずっと出品者は私一人だったと思います。









今日は兵庫の東エリアを攻めましたが、さほどいい仕入はできませんでした。
連休の最終日だし、いいのが出てないかと期待したんだけどなあ。
まあ連休だと他のせどらーも力入れるだろうし、なかなか稼げる仕入にはなりにくいのかもね。今日一番時間効率の良かった店はツタヤでした。
けどツタヤのレンタル落ち、意外と売れて驚いてます。うーん、ツタヤもルートに加えるべきか?
試行錯誤しながら進む今日この頃です。



あ・・・今日もオチがないや。
関西人としてこれではいかんのう。うむうむ。明日はオトそう。


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。いつも拝見しております。

『エイリアン・ストリート』!うんうん、いい本ですよね~

ところで、奈良は、どうも大手チェーン店より小さな古本屋さんのほうが
在庫が充実しているようですね。
たぶん、町の古本屋さんのほうが高値で買ってくれるので、
ジモティ(死語?)は大手には売らないのかも。
古本屋さんの充実度は高い町ですので、ぜひ見に行ってみては。

とはいえ、あまりせどらー向きではないかもしれません・・・

期待

オチが楽しみです!((*´∀`*))
(せどりと関係ないやん(笑))

No title

>book_reminder 様


地域情報ありがとうございます!
遠征大好きなので、それぞれの地域性などのお話はすごくありがたいです。


奈良は古本屋のほうが在庫が充実している、というのは成程ですね。
大阪は小さな古本屋はガンガン潰れていってる最中なので、そういう発想がありませんでした。
今日も豊中で1件閉店してたし・・・・・・・・・知っているだけでも、古本屋は大阪で今年3件閉店してます(ほか高槻と茨木)。
大阪はブックオフにいい本も客も取られているのかもしれません。



よければまたコメントしてやってください。
(いち成田美名子ファンより)。

う^^;

>より 様


コメントあざーす!
でも何か期待されてる?
・・・・・・・・・・あ、あはは、ネタかんがえよっと^^;

追記

>より 様


あ、せどりとあんま関係ないハナシが多いのは、このブログの味です。
なのであきらめてください。

あ!

私のコメントがせどりと関係ないやんって、意味です(^_^;)わかりにくい書き方でした。すみません!
せどり以外のことも楽しみにしてますよー☆

あはは^^

>より 様


大丈夫わかってますよー^^
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle