FC2ブログ

献血へGO!

今日の1冊


ブレイク-エイジ 1~最新巻(アスペクトコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]ブレイク-エイジ 1~最新巻(アスペクトコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
()
馬頭 ちーめい STUDIOねむ

商品詳細を見る


 1645 → 4280

このセットはこれにて完売。
好きなマンガなので、1セット手元に置いていてもよかったかな?
まあ今すぐ読みたいワケでなし、またブックオフで集めていくとします^^








私は今、一応は株式会社と呼ばれるものに勤めています。
が、この会社、いわゆるブラック会社です。
どのへんがブラックかといいますと、


・客先で停めるのに必要な駐車料金の経費が下りない
・会社の電話代を節約するため、会社から営業に掛ける電話はワンギリ。その後営業から掛けさせ、会社に電話代がかからないようしている
もちろん携帯料金のフォローはなにもなし
・給料は交通費込みで約15万円
・それでも『賞与は年二回』とハローワークの紹介に書いていたので入社を決めたのだが、入社後に上司に尋ねると、
「ボーナス?ここ五年程でたことないぞ?」と衝撃の発言。
その後5年が経つが、寸志すら貰ったことがない。





・・・・・・書いてて悲しくなってきました><
そんな会社なので、当然のように健康診断なんてありません。
とはいえ、おととしは奇跡的に健康診断が実施されました。そのとき肝臓の数値があまり良くなかったので気になっているのですが、その後健康診断の話はなく、またこの会社に福利厚生を期待するほうが間違いだと理解してます。
そうした中、友人の高田さんから献血を勧められ、本日行ってきました。
献血したら簡単な血液検査もしてくれるとのこと。
これを利用しない手はありません。





実は私、これが初の献血体験。
というのも幼少のころに交通事故にあった経験があり、そのときに輸血したことがある、と申し出ると献血を断られていました。幼い頃に輸血すると献血NGのようです。
が、これが実は私のカンチガイだったと最近になって判明。母によると、子供の頃に確かにバイクに轢かれたけど輸血するような怪我ではなかった、とのこと。
なので齢35歳にして献血デビュー。注射は人並みにコワイので、献血センターのドアの前でしばし逡巡。気合とともに入店しました。



書類の記入や血液検査をトラブルなく終え、いよいよ献血。
慣れないせいか、腕に突き刺さる針がやけに痛く感じました。
400ml吸い取られるまでのガマン我慢。



けど10分ほどかかると聞いていましたが、5分と経たず終わりました。
どうもワタクシ、血の巡りが早いようす。
怪我したら出血多量で死ぬの早そうだなあ^^;




しかし今回の献血で一番の収穫は、窓口のお姉さんがとても可愛かったことでした。
また次もあの献血センターに行こうっと^^




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle