FC2ブログ

いつもと違う遠征

まいど。所長です。
現在このブログを更新してる時点では、遠征4日目の夜にあたります。
今夜は岡山市内の[後楽ホテル]に宿泊します。
既にチェックインして、繁華街で一杯やってきました。
グビグビ〜♪


今回の遠征は5日間の予定でした。
台風の影響を懸念して姫路で連泊しましたが、その日も姫路市内で仕入に廻り、結果的には効率よく動くことができています。
仕入の感触も悪くありません。


だがしかし。
この遠征では、夜の7時半以降の仕入が、4日間で一度もありません。
夜6時頃に仕事を終えてホテルにチェックインして、ひとっ風呂浴びて、飲みに繰り出してます。
なんというか、夜の街が好きなサラリーマンか私は?って感じ。


つかまあ、この遠征は私の中で[遊び半分]と認識してます。
否、認識することにしました。
私にとっての遠征というものは、朝から晩までガッツリ廻るのが基本。
仕事終えるのは夜10時頃が通常。
たまの息抜きはいいけど、今回のような働き方を普通にしちゃうのは、まだ怖い。
水は低きに流れる。気をつけないとね〜。


おまけ話。
でも遠征先で1杯やるの、楽しーんだよなー。
ゆうべ同業の人と飲んだお店はこちら。倉敷駅前。


20200909204920af5.jpg



おいしかったけど、ちょっと割高なお店かな、って印象でした。
まあ楽しく飲んで話したので、全然オッケーだけど。
ちなみに1杯やった同業者の名前はボウズさん。会うのは何年ぶりかなー。
地方せどらーにおけるコロナ下での苦悩、というのを話の端々に感じました。
田舎の同調圧力というのは、想像以上みたいね(*_*)


今夜さきほどは岡山駅前で1杯。
焼き鳥屋へ。


202009092049172f4.jpg



20200909204919ada.jpg



味は悪くなかったんだけど、目の前で焼き物やってた店員がマスクつけてなくて。
ほかの店員はみんなマスクつけてるのに、なぜかその店員だけつけてなくて。
なのに料理しながらしゃべったりして、スゲー気になって。
でも、コロナ前はこれが普通の光景だったはず。
なのに今は、その人の作った料理あんま食べたくない、そう感じてしまう自分がいる。


まあ、このご時世における料理人の振る舞いとしてはNGなんだろうけど、それだけじゃない抵抗感とか拒否感が自分の中にあるのを知って。
人って知らず知らず染まるものなんだなあ、と思いましたとさ。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle