FC2ブログ

2020年6月度収支

まいど。所長です。
6月の収支アップします。


2020年6月度収支 ¥803,777


収益 ¥1,626,805

*収益内訳

amazon ¥1,626,805



支出 ¥823,028

*支出内訳

 本  ¥343,398
CD  ¥ 7,250
DVD ¥154,668
ゲーム ¥ 9,030
ホビー ¥ 1,900
送料  ¥ 70,826
旅費  ¥ 75,490
人件費 ¥ 45,750 
その他 ¥114,716



収益 ¥1,626,805 - 支出 ¥823,028 
 収支 ¥803,777



6月収支は約80万のプラス。
けっこう良かったなあ。
仕入のおいしさは下がりつつあるものの、ネット販売の需要は未だ高い、というのが高収支の理由でしょうね。


7月の方針。
肉体改造がメイン。
仕入とプライベート的なソレをどこまで両立できるか、今月はそのあたりの感触を探ることになるかと。
まあ7月の方針としては、仕事のほうはボチボチでいいんじゃないかなー♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しみにブログを拝見させていただきます。

この収益報告の記事でいつも思うのですが、いつも出している収益というにはキャッシューフローですよね。

よくアマゾンの入金が3回になると収益が増えたというように書いていらっしゃいます。

通常はアマゾンの入金が3回あろうが2回であろうが収益に変わらないのが通常です。


実際の利益は重視していらっしゃらないということなのでしょうか?

>通りすがりさん

おっしゃるように、ウチのブログでは収益=キャッシュフロー上の入金額としています(売掛金を含めてない)。
なのに支出のほうは、現金もクレジットなどの買掛も含むという、ちょっとおかしなやり方をしてます。
これは一言で言うと、黒字倒産を避けるため、こういうやり方をとってます。
会計上の意味する「収益」は、通りすがりさんのおっしゃるように、入金回数によって変わるものではないのですが・・・まあ大目に見てもらえましたらば^^;

利益も重視してますよ?
それ以上にキャッシュを重視しているということです。

No title

所長の計算は、会計の世界でいう現金主義にちかいです。商品での掛け取引期間も多分そんな長くないし、コストの支払い多分同じ。まあ、問題ないでしょうね。 むしろ、健全でいいのでは。 利益の計算もばっちりでしょ。

>チャーリーさん

ありがとうございます^^
まあ10年近くこの方法で収支報告やってきて、特に問題もないので、このままいこうかなと思ってます。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle