FC2ブログ

身近にやってきたコロナの弊害

まいど。所長です。
ついさっきコンビニに行く途中、2軒の居酒屋の前を通ったのですが。
どちらのお店も、常連客らしき人でそこそこ埋まってました。
まあ金曜の夜だしねえ。


緊急事態宣言からこっち、藤川事務所では業務を縮小してます。
宣言以来、店舗仕入にはまだ一度も出てません。
発送業務は続けてますが、在庫が減る一方なので、売れ行きにも陰りが見えつつあります。
とはいえ、4月の売上は通年の50%程度は確保できるとみてます。
なら自粛してもいいかなと。


私は今回、日本政府に「貸し」をつくる、という感覚で自粛してます。
政府が活動自粛を強く要請してきた。頼んできた。
頼まれたのなら仕方ない。きいてやろうじゃないか、という感じ。
これに異論や反発を覚える人がいるのは承知してます。でもそんな感覚です。
このタイミングで店舗仕入を自粛するのは、ネット通販をやってる人間として、損な選択なのは間違いないですからね。
けどまあ、とりあえずは損してもいいかなと。
私は私の心に従う。儲けるばかりが人生じゃないさ。
とはいえ、引きこもりひとりきりはキツイねえ==)


まあ売上の減少は、まだいいんです。
しかし今日、もうひとつ事案というか、どうしよっかなーという問題が出てきまして。
その問題は、バイトのIちゃんに関することです。


Iちゃんはウチのバイトの主戦力で、5年以上働いてもらってます。
たまにポカもするけど、仕事は迅速。
私との関係も良好で、本人もこの仕事を気に入ってくれている。
なのですが今日彼女と話したところ。
別のバイトをすることを考えていて、そのバイトを始めると今までのようには来れなくなる、と言ってました。


主な理由は今月、ウチが仕事を減らしているため、Iちゃんのバイト代も減少するから。
Iちゃん曰く、今月はなんとかもつけど、来月は(家計が)もたない。
そしてちょうど以前やってたクロネコヤマトから、仕事の声がかかってる。
だけど週3以上は仕事しないといけない。そうするとここには、今までのようには来ることができない。
迷ってる、とのこと。
んんん~!!??


たとえば、コロナが今月来月おさまる。
そういう問題ならいいんですが、そうじゃない。
私もIちゃんも、今回のコロナ騒動は長引くとみている。
疫病のトラブルも怖いけど、お金の問題はリアルにつきまとう。
Iちゃんは子供2人いるし、生活費もある。私みたいなひとり者とは違った責任がある。


一番簡単な結論は、だから仕方ない、やっぱり今まで通り店舗仕入に廻りますか。
って結論を私が出すことだけど。
それはNOかな。それじゃあ世の中は変わらんのよ。
自分の都合を押し通す、そういう人ばかりだと状況は悪くなる、今はそういう局面だと思うので。
なので今月は店舗仕入を自粛した上で、私とIちゃんにとっての最適解を考える。
そうすべきかな、と思うので、そうします。


とはいえ、今回の件で思ったのは。
私は自粛してるのに、都心部は未だ満員電車かあ、と、ちょっとヤな気分だったのですが。
それぞれ事情があり、責任がある。そして思ったよりも貯えのない人は多そうだ。
こんな状況じゃあ、コロナが怖くても働かざるをえない、そういう人は多い。
そして事業主にも、儲けたいからこんな時でも働かせてる、じゃなくて。
社員を守る、そのために迷い悩みながらも事業活動を続けるという選択肢をせざるを得ない事業主がいる。
そんな風に思いました。


とはいえ、私はだから一律に休業補償すべき、とは思わないけどね。
少なくともこのタイミングでは。
国の財政もマジでヤバイので。


あと感じているのは、今回のコロナ騒動で、また貧富の格差が開くこと。
特に不動産所得者に対しては、特別税的ななにかを徴収すべきだと思う。
飲食店の家賃なんか、特にそう思うね。
自粛でお客減って、借り主は泣いてるけど、貸し主に払う家賃はそのまんまってどうよ?
まあもう一段階進めば、閉店する店が増えて、貸し主にもダメージやってくるかもだけどね。
今の流れって、借り主だけが負担を背負うような気がしなくもない・・・・・・。



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

所長も難しい舵取りを求められてますね。
バイトさんの話ははたから見ると自然の流れで仕方ないかと思います。 個人事業主は体が資本。 コロナはかかりたくないですね。バイトさんは給料いるしね。 これは、仕方ないでしょう。 
個人的な見方ですが、趣味やホビー関係はコロナの影響でしばらく低迷って感じがします。そうすると固定費は軽くしたほうが、いいかもしれません。 
 ただ、藤川さんの実力があれば、競合が脱落して下振れはそれほどでもないかもしれませんね。
 こちらは、ebayのコミュニティやってますが、話は厳しい話が多いです。 まあ、ケセラセラです。

>チャーリーさん

店舗仕入でコロナにかかる可能性は相当低いと考えてますがね。
私、移動はバイクだし、人との接触は購入するときに店員とくらいだし。
かかった時のリスクが大きいですが、金銭的なリスクリターンで計るなら、店舗仕入に出るほうが賢いと思ってます。
ま、私、賢い人ってキライですけどね^^


Iちゃんとは友人に近い間柄なので、できれば今の距離感を維持したいところ。
なんとかしたいですねえ。

No title

こんばんは。

居酒屋で飲んでいる人がいるんですか!
NYでは、人との距離を「2メートル以上開けろ」となっていますよ。
近所のジジババも数人でしゃべりながら歩いているし。。。
危機感がない人が多すぎる。。。

5月以降、物凄い数の失業者がでそうですな。
我国は、成長産業何もないですし、頼みのインバウンドも終焉だし。

来年以降、社会が大きく変化を求めて動いていくのか。
新しい若いリーダー出てきてほしいな。

もう大阪の橋下徹氏は政治家にならないのですかね。

No title

そうですか、店舗せどりの感染リスクが低いと思い、バイトも継続って話であれば、賢い人を好きになってお店にGOですか?
まあ、仰るようにきをつけて回れば、藤川さんのやり方なら大丈夫そうですね。 

>ブラック魔王さん

まあ、それでも社会全体としては、危機感を持って行動してる人が多数派だと思いますよ^^;
それでも日本において、コロナの被害はこれからまだ拡がるような、そんな気がしてます。
収束の時期はまだ読めないですね。

5月以降の見通しが暗い、というのはまったく同感です。
コロナの影響を受けて、社会と政治がこれからどう変わっていくのか。私も若い人たちの台頭を期待したいですけど、どうでしょうねえ。

>チャーリーさん

「賢い人ってキライ」ってのは、ただの強がりです。
元々私はバイクに乗って、あちこち仕入に廻るのが大好きなのに、それを封印してるワケですからねえ。
本当、現状にはうんざりで、ストレスたまりますわ。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle