FC2ブログ

間引き

まいど。所長です。
世の中はコロナの話題一色。
政府は国民に対して、コロナがうつりそうな場所に行くことを自粛するよう要請してます(2020.04.01時点)。
政府の要請は、世界的にコロナが蔓延しつつある現状では当然のことと思います。


政府の財政は悪化する一方です。
そんな中で起きるのは、一種の「間引き」だと私は思ってます。
例えば政府の自粛要請。
これにより、夜の歓楽街やライブハウスは大打撃を受けています。
では、こういう収入の減ったところに対して、政府はなんらかの補償をするのか?


私は少なくとも上記の業態に対しての補償は「ない」と思ってます。
そもそも政府を運営する議員は、多数の人からの投票を集めることで当選します。
必然的に政府は、多数の意見を反映するような動きをみせます。


で。
夜の歓楽街やライブハウスに来る人が減って、その業態で生計を立てている人たちが困窮している。
その状況について同情する人は、過半数を超えると思います。
でも、そうした人たちを自分たちの支払った税金で支援すること。
それが過半数の賛同を得ることはないと思います。


私は他の人より少しだけ、音楽業界に関心を持ってます。
なので現在、コロナ騒動で政府が自粛要請を出したことに対し、一部の著名人やライブハウス関係者が補償を求める署名運動をしていることも知ってます。
その署名数が現在、30万人を超えていることも。
でも、あくまで私見ですが。
政府が補償することはないし、そもそもそれは違うんじゃないかな、とも思ってます。


まあ補償しない、って理由は先に述べましたが。
そもそも違うんじゃないか?ってのは。
私がロックとかパンク寄りの考えだからかもですが。いやそんな詳しく知らんけど。
もちろん、政府からの自粛要請がきっかけで客が減り、生活に困っている、それはそうなんだろうけど。
でも、なんというか。
だから政府に、政府にお金を納税している人たちに、金くれと要求する。
それってロックなの?
と思うわけです。


だからといって、現状をはかなんで諦めろとか、そういうのじゃなくて。
別のアプローチ、現状を受け入れてできることをする、コロナありきの音楽活動をする。
そういうのを模索すべきじゃないかな?
と、思うのですよ。
まあ、自分がその業界から離れているから言える、無責任なことかもしれないけど。
それでもなんというか、国という権力に補償を求める。
それはカッコ悪いんじゃないかな、ロックじゃないんじゃないかな、と思うのです。


で、じゃあどうしろっていうんだ?って話ですが。
イベントやればいいんじゃないかな?とか思ってます。
コロナイベント、とでも銘打って。業界あげて。オーディション的なやつを。
一次審査はテープ、二次審査はライブハウスでの無観客ライブ。
二次まで進んだバンドは、協賛ライブハウスの好きな機材を使える特権付きで。どうせライブハウス暇なんだし。
ネット投票は二次から使ってもいいけど、ある程度できるバンドを厳選して、三次くらいからやるほうがいいかもね。
で、コロナが収まった頃に、勝ち残ったバンドたちが、どっかの会場で大勢の観客の前で演奏して、優勝を決める。
優勝賞金、およびライブハウス等への運営費は、イベントの賛同者によるクラウドファンディングでまかなう。
バンドの参加資格は、クラウドファンディングの賛同者のみ、とするのもアリかも。
面白そうじゃない?


こんなときだから、みんな楽しもうぜ!ってやるべきじゃないかなと思うのですよ。
コロナ蔓延をなるべく広げない、という前提の下で。
コロナでまた世の中が少し変わる、そう私は思ってます。
でもそれは、人の意志と行動によって、世の中の進む方向を微調整することはできる。
そんな風に思ってます。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle