FC2ブログ

「MUSICUS!」の良さについて

まいど。所長です。
昨日は実家の餅つきイベント手伝ったあと、午後から「MUSICUS!」のゲームインストールして。
で、プレイしてからの記憶が飛んでます
幸せな感覚だけははっきり残ってるんだけどねえ。


3日ほどこの世界観にどっぷり浸りたい、そんな気はするけど。
でも、木曜にはバイト2名が、ウチの事務所での仕事を心待ちにしてるからね。
その気持ちに応えるために、私も木曜までに、それなりの仕事を作らないといけない。
具体的には、木曜までに2日、いや1日半はガッツリ働いて仕入しないといけないかな?
雇い主って自由なんだけど、雇われる側とうまくやろうとしない自由、それは違うかなと
ああ、本当に駄目だコイツと思ったら別の人を探すんだけど、そうじゃなくて細かいことについては、うまくやるためにどうすればいいか?を考えて行動するようしてます。
人とうまくやる。
それって大切だし、とってもステキなことだと思うのよ♪
私は理解されたい。でも理解されない。でも理解されない。
そういうのがね。いいんですよ。


そしてバイトIちゃんには。
今日働きたくないから、ひとりでお仕事がんばってね♪
と連絡しました。
・・・・・・見える。怒り狂ったIちゃんの顔がまぶたの裏に。
木曜にはIちゃんの報復、おしおき、そういうのが待ってるかもですが。
知ったこっちゃありません。私は今、ナウ、この幸福に浸っていたいのです。


MUSICUS!で印象に残った言葉のひとつを意訳。

完璧を求めて、完璧な曲を作ろうとして。
でも完璧って何だろうと考えすぎて完成できなくなった。
でも、完璧な曲ってやつ、一生かけてもできるかどうかわからない。
なら作ろう。まずは一度完成させよう。
冷蔵庫の中のありものを使って料理するみたいに、今自分のなかにあるものをかき集めて作ろう。
そう決めて、私は曲を作っている。

刺さる、というより、うまい、かな?
その感覚はとても共感できるし、その表現が素晴らしいね。
いや、ロックだわ♪


とはいえ妥協に流れがちな感覚でもあるので、そのへんは意識すべきだけど。
考えすぎて動けない。わかる。でも動け!
ううん。動かなくてもいい。でもそのときは「動かない」という選択肢を自分で選ぶ。
要は自分で選んで決めて、うまくいったら何故うまくいったのかを考えて、ダメだったら何故ダメだったのかを考える。
そういうのがね。大事だと思うのですよ。


私は元々、人と上っ面でしかやりとりできなくて。
でもそれじゃイヤだなと思って、自分の中身、そういうのをうまく伝えたいなと思って。
言葉、態度、ブログ。
そういうもので伝えてみて、ここまではオッケー、こっからはまずいかな?
そういうことを積み重ねて、私は今の私があります。


で、今一番伝えたいことは。
「MUSICUS!」いいよ!
以上です。


僕らは別に最高の芸術作品を作ろうとしてるわけじゃない。不格好な人間が、不格好にやって、それでその時がちょっと面白ければいいんだよ」
この言葉がね、bambooメインで、瀬戸口廉也らしいと私はそう思えるのですよ。
多分。唐辺葉介の言葉じゃない。
bambooの言葉だけど、この色には瀬戸口廉也の色がある。
きっと私たちは共通してるんだろう。いわゆる「負け組」って価値観で。
でも、だったらどうなの?
だから悪い?
そういうことを伝えたい、私は私なんですけどと叫びたい。叫び続けたい。
そういうのがね。イイんです♪

所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle