FC2ブログ

せどりと不動産投資の共通点

そこそこ利益の出るコミックがいくつか売れたので、複数を紹介。


ウルトラマン THE FIRST (3) (単行本コミックス)ウルトラマン THE FIRST (3) (単行本コミックス)
(2008/07/15)
高田 裕三

商品詳細を見る


 105 → 980

ウルトラマンを題材にしたコミックも、比較的狙い目だと思います。
作者の高田裕三さんは【3×3EYES】のヒット作で有名。




町田ホテル (F COMICS)町田ホテル (F COMICS)
(2002/04)
町田 ひらく

商品詳細を見る


 105 → 840

得意のエロコミック。
コミックせどりで稼ぐなら、エロのジャンルは外せない。多分。




レ・ミゼラブル―完全版 (fukkan.com)レ・ミゼラブル―完全版 (fukkan.com)
(2004/04/27)
みなもと 太郎

商品詳細を見る


 105 → 3500

ここ最近売れたコミックのうち、ぶっちぎりの高利益。
みなもと太郎さんの作品はひとつも読んだことがありません。
どうもギャグ系の作家みたいです。そっちは私弱いんだよなあ。






不動産に関する本を何冊か読みました。
どうやら一口に不動産投資といっても、さまざまなスタイルがあることが判明。
私がまずチャレンジしようと思っているのは、激安物件を探し、指値を入れてさらに安く買い、業者プラス自分の手でリフォームを行い、人に貸して家賃収入を得る、といったタイプのものです。
まあ、私の懐具合が乏しいので、選択の余地なくこうなるのかもしれませんが^^;



驚いたのはその安さです。
200万以内、あるいは数十万で物件を買った、というエピソードがいくつもあります。
このところのデフレ、それによるローンの破綻から物件を手放す人が増えたため、激安で土地家を手に入れるチャンスが増えたもようです。
知らないうちに世の中は変化しているんだなあ、とちょっと感心。
もっとも、経年のためリフォームに物件代以上のお金がかかってしまう、ということもままあるので、安いから買うというワケにもいかないみたいです。





せどりと不動産投資には共通点もあります。
まず、とにかく数多くの品をチェックすること
これは本も不動産も同じなようで、数をこなさないとまずもって良いものは見つかりません。また数をこなし、考えることで見る目が養われます。
そして利益の出そうなものがあれば、購入前に詳しく調査
思わぬ瑕疵があって価値が激減、というのは避けたいところです。
この点は不動産のほうが単価が高い分、念入りにすべきでしょうね。



今のところ、一番参考になると思ったのは、下記の本です。
未経験者が読んでも理解しやすい内容でした。
気になる方はご一読を。本代以上の価値のある1冊です^^


元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法
(2010/11/30)
松田 淳

商品詳細を見る




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle