FC2ブログ

名古屋小遠征こぼれ話

まいど。所長です。
先日の名古屋小遠征は、2泊3日、それなりの戦果を持って終えることができました。
本日はその戦果についてと、戦果や仕事とはあまり関係のないお話をば。
ま、いつも通り、ノリと勢いで書きます==)


戦果について
ブックオフの21%オフチケット、かなり使えました。
ひとつで2000円以上の効果は見込めるかと。
今回の遠征で6つ使用。残りは8つ。
good!
あと一度の遠征で、ちょうど使いきれるくらいの量。いいね!


さっきちらっとヤフオク見たけど、ちらほら売り買いされてますね。
私的には1綴り1000円程度なら、十分買う価値があると思います。
ちなみに私は、こういうお店側のサービスについては、自力で手に入れた分しか使わない主義。
手持ちの武器だけで戦うのが好きなのよ♪


雑談。
初日の夜の宴会が、思いのほかダメージ強くて。
ぼよんぼよん。
・・・もう、若くないんだなあ。マジで。



2日目。
大須のアーケード街で、お昼に醤油味の刀削麺を注文。
うまいけど、もうちょっと刺激が欲しい。
丁度、「食べるラー油」らしき卓上調味料があったので、パッパと追加。
激辛!(*_*;
大量に入れたワケじゃないのに、むせるほどの辛さ。
いや前日の酒で、喉も弱ってたんだろうけど、それでも桁外れの破壊力。
でも入れたの俺だしな、と激辛ラーメンを頑張って食べるワタクシ。
それから今日まで、鼻の調子がおかしいです。


3日目。
お昼、三田製麺所へ。またラーメン。
けど関西にはこのお店、ほとんどないし、好きなんだよなあ。
腹はデブり気味だけど、まあこの店のつけ麺くらいならいけるでしょ♪


と思って入店したら、新メニューらしき商品に目を奪われました。


「背脂番長」



え、なにその心くすぐられるフレーズ?
背脂系ラーメン食べるつもりなんて、これっぽっちもなかったけど、番長?!


「すいません、背脂番長ひとつ」


20191008162616f2f.jpg


予想通りのこってこて。
味は思ったよりマイルド。
そして予想通り、翌日お腹おかしくなりました。
背脂たっぷりのラーメン食べると、高確率で翌日、腹具合悪くなるんだよね・・・。
翌日、フットサル中に便所駆け込んで、フットサルの後も便所にこもりましたとさ。
でも悔いはない。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle