FC2ブログ

2019年 岡山・広島遠征 まとめ

まいど。所長です。
2泊3日の岡山・広島遠征を終え、大阪に戻ってきました。
3日間の仕入漬けの日々と、休みなしに1日半の出品作業。
さすがに疲れましたね==)


広島を訪れたのは2年振り。
フタバ図書でカープグッズが大々的に売られているのを見て、広島だなあと思いましたね。
こんな感じ。


20190613095145c59.jpg


最終日の岡山では、「酒の悟空」でおみやげの日本酒を購入して帰りました。
高速降り口近くの古本市場の隣にあるお店です。


20190613095147c8e.jpg


岡山の地酒を買って帰るつもりだったのですが。
目立つように置かれていた「それ」に、目を惹かれました。


20190613095150173.jpg

「純米吟醸 七福神」



岩手の地酒で、なにかとても気になり、買って帰りました。
3種のうち「亀の尾」という名前のを買ったのですが。
これがジャスト♪


201906131920191eb.jpg


勿体なくて、じっくり飲みたくなるお酒。
久しぶりにそういう日本酒に当たりました。
冷やで飲むよりも、やや常温のほうがふくらみがある気がします。
多少は冷やして飲みたいかもですが。



さて、ここまでは雑談で。
ここからはせどり関係のお話をするとします。


まず、今回の遠征日程と、廻った地域、そして簡単な感想をば。

初日  岡山市、倉敷市

岡山市が2割、倉敷市が8割くらいの時間配分でした。
今回は広島を攻めるのが主な目的だったので、初日の重要度は低かったですね。
岡山県は今年一度訪れてるし、まあ、そこそこ稼げればいいだろうと。
初日の仕入感触は、そこそこ以下でしたが(笑)


2日  広島県(主に広島市内)

今回のメイン。
まず西条市を攻めて、そのあと広島市内まで移動し、市内北部をチェック。
そののち廿日市市まで移動。そしてまた市内へ。
出発したのが9時頃で、仕事終えてホテルにチェックインしたのが23時過ぎ。
結構ずっと動きっぱなしでしたよ。ははは。


まあでも、この日は目一杯動かないといけなかったんです。
3日目が最終日で、広島から大阪までの距離は約300km。
ロングドライブが予想されるので、3日目の仕入スタートは少しでも大阪の近くから始めたい。
そのためには、2日目のうちに広島市内の仕入を終える必要があった。
全部廻れたわけじゃないけど、最善は尽くせたと思います。


3日  福山市、岡山市内


7割が福山市、3割が岡山市での仕入、ってとこです。
最終日の戦果は、初日よりはマシって程度ですね。



で、今回広島まで足を伸ばした理由のひとつは。
岡山より西の状況を確かめてみたかったのです。
広島はその距離、店舗数、それらから判断するに年1回訪れるくらいがベストでしょう。
けれど岡山は、もう少し訪れるペースを下げるべきかな、と思いました。
近いし古本市場の割合が高いので、「攻めたくなる」エリアなのですが、年2くらいが妥当ですね。
あまりおいしくないわ、岡山==)


色んな地域に遠征に行くと、色々見えてくるものがあります。
ブックオフの棚を見て、その地域に住んでいる人のあれやこれやが、なんとなく見えてくるのです。
そして同業者の存在と、その数も。



今回、遠征に行って感じたのは。
広島は店舗メインだと、せどり専業で食っていくのはやっぱ苦しいだろうなあと。
岡山は、飽和してるわと思いました。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle