FC2ブログ

今週の所長

まいど。所長です。
今回のブログでは、今週の私の動きをダイジェストでお送りします。


メガネを新調しました。


2019060921220066b.jpg


梅田茶屋町にある「白山眼鏡店」にて、ニュー眼鏡をチョイス。
ブルーのフレームは初チョイスで、ちょっとドキドキです♪
お値段も普段買う眼鏡の倍以上で、その点でもドキドキ==)
ニューメガネは注文中で、今週末あたりに完成の予定。


んで、その眼鏡を買うために、梅田の眼科にて視力検査を受けてきまして。
その日は雨で、午前中の短時間で検査が終わり。
時刻は11時ちょっとすぎ。
そういえば、このあたりで有名なラーメン屋があるな、と思い出しました。


20190609212157512.jpg


「らーめん 弥七」

せっかくなので行ってみることに。
が、既に20分待ち。
平日の朝一で、さらに雨が降っているというのにです!
すげー人気だな^^;
整理券システムで、20分後以降に再来店してくださいとのことで。
めんどいのでやっぱやめますと一度は行ったのですが、よくよく考えてみると、多分この機会逃したらこのお店で食べることはないだろうなと思いなおし。
結局、再度お店に行って整理券を貰い、20分後以降に伺いました。


へい、醤油ラーメンおまち!


201906092121541cf.jpg



ずずーっ。
ズル、ズル。
ちゅーっ。ぱくぱく。ずるずる。バクバク。


うん。
悪くない。
乳化したスープの雰囲気は豚骨や鳥白湯のそれに近い。
臭みはまったくしないから、鳥白湯系かな?
うん。うまい。


「醤油ラーメン」を食べたあとの、弥七の感想。
古ぼけた味。
うまいけど、丁寧な仕事をして作られたラーメンだと思うけど、それだけ。
前日に食べた丸源のほうが、私的には感動のおいしさでした。
感心はしても、感動しないラーメン。
10年前に食べたらスゲーと思うかもしれないけど、なんか、時が止まってる印象。
最近おいしいラーメン屋に当たったから、余計にそう思うのかも。
まあ「醤油ラーメン」は昔ながらの作り方をしてるそうなので、ほかのラーメンを食べてたら感想はまた違ったのかな?




昨夜はフットサル仲間との飲み会。
三宮は北野坂の、こじゃれたバーへ行ってきました。


20190609212158dfe.jpg


今回のコンセプトは、名目上は総部記念パーティ。
が、実のところ、メンバーの一人のサプライズ婚約が裏のメインでした。
サプライズ婚約を成功させるべく暗躍する主催者たち。
幹事は5分刻みのタイムボードをつくり、イベントの進行を整えたそうでして。すげーな。
そして万全の態勢で迎えた当日ー。


主賓の、サプライズ婚約をするはずのメンバーが、仕事でドタキャンしました( ゚д゚)


そして総部記念パーティは、荒れました。
私は翌日に用事があったので、1次会で抜けて、三宮駅前の銭湯に寄って帰りましたとさ。


20190609212155028.jpg



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle