FC2ブログ

夢の種類について

まいど。所長です。
今日はモヤっと心のなかに引っかかってることを、ブログに書くことで言語化することにチャレンジしてみます。


「夢」 - dream、将来実現させたいと思っていること。
その「夢」というものは、実のところ2つの種類しかないのかもしれない。
そんなことを思いました。


それは他人がいなくても叶うたぐいのものなのか、他人がいないと叶わないものなのか。
自分のためだけ、あるいは自分と身近な人だけのものなのか、それとももっと多くの人を幸せにするものなのか。
その「夢」は誰かを幸せにするものなのか、否か。


どうせ「夢」を見るなら、自分だけじゃなくて、多くの人が幸せになるような「夢」を抱きたい。
本心からそう思います。


思えば、訪問マッサージの新事業を始めた理由もそうだったのかもしれません。
そして撤退を決めたのも、必要とされてないと感じたから。
幸せを提供する事業ではなかった、もしくは現在の需要と供給において私がやるべきことではなかった。
どうせ苦労するなら、喜ばれると信じられることで頑張りたいものです。
始めた時からそれをまるきりには信じてはいなくて、信じられるか探りながら事業をすすめて。
そして事業として成立させようと注力するほどには、訪問マッサージの事業は「やりたいこと」ではなく。
並行して進めていたせどり業では未だ収益をあげていたので余裕もあり。


つまるところ、私がせどりでうまくいってるのは、もちろん幸運に恵まれたのもあるけれど。
せどりには「本気」になれて。
訪問マッサージの事業には「本気」になれなかった。
そういうことだと思います。


もう少しいうなら、せどりの仕事-主に仕入について、は大好きで、基本苦にならないんですよね。
出品作業や経理作業は、好きじゃありませんが、好きなことを続けるために必要と認識してるので手は抜きません。


けれど、私がせどりで稼げなくなる時は、いずれ来るのかもしれません。
私の販路は99%がamazon。
その販路が絶えたら、はいオシマイです。
まあ、在庫はヤフオクで叩きうるなりして、1年くらいの食い扶持は稼げるのでしょうけど。
そのあと、私にはなにができるのでしょう?
いえ、私はどうしたいんでしょう?


結局、人に見せるものでもない雑文になりましたね。
けれど明日以降に「私」が読み返す必要がある、と信じるのでブログとして残すことにします。
ではでは~♪



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

せどりは人間関係がないので、楽だと思います。組織になると人間関係が面倒。人には向き不向きがありますからねえ。特にサラリーマンと違って自営業だと、自分がある程度好きな事じゃないと続けるのは難しい。

No title

所長、お疲れ様です。
そうですね、色々考える事ありますね。
本せどりは、せどりも色々あって流行り廃りがありましたが、結構固い分野で、そういったところでマッチングしたのは幸運でしたね。 10年近い成功は凄いです。

 ただ他のチャネルや新規事業は確保したいところですね。 全然雑文とかでなく、本せどりをメインでやっている人は多かれ少なかれ考えていることですね。 当然私も考えてます。

今日は、藤川さんのブログを見て、チョット考えました。久々、本せどり業界で有名な、ユダヤの商法(藤田田著)でも久々読んでみよう。 ヒントはいっぱいあるでしょう。 ちなみに現在1万円後半だか、新版がでるようだ。 

>石破さん

バイトとの人間関係くらいなので、かなり楽ですね。
仕事に満足できるかどうかは、給料と人間関係が8割以上を占めると思います。あとは拘束時間かな?

今のせどりが好きなだけに、稼げるだけのことには、まだ興味がわかないんですよねえ。
まあ、いずれそうも言ってられなくなるかもですが。

>チャーリーさん

ありがとうございます^^
やはり色々考えますよね。

ユダヤの商法、再販されるんですね!
ずっと昔、仕入れた時に読んだと思うのですが、内容はほとんど覚えてません。
買って読んでみますね。あざーす♪
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle