FC2ブログ

梅田でハシゴ酒

まいど。所長です。
昨夜は梅田の街をひとりぶらつき、飲み屋を2軒ハシゴしました。
梅田は徒歩10分ほどの近くにあるのですが、この時期は寒くてあまり出る気がしません^^;
なので梅田でのひとり酒は久しぶり。今年2回目かな?


とゆーわけで、本日は梅田の飲み屋レビューです♪


1軒目。
どこにしようか、お店の看板を眺めて10分ほどぶらぶら。
NU茶屋町の北側の路地に入ると、なんとなく好みっぽいお店を発見しました。


201902161105445f4.jpg


「鶏豚きっちん 梅田茶屋町店」


201902161105412f2.jpg


画像の料理はガチョウのたたき、にんにく醤油。
日本酒は「雁木」。確か無濾過生原酒だったかと。
雁木の名前がなかなか思い出せず、5分ほどパソコンの前でうなってました^^;


料理の味はまあまあですが、いかんせん量が少ない。
なのに値段は比較的高め。
梅田という立地だと仕方ないかもですが・・・。
日本酒1合、串焼き5本盛り合わせ、ガチョウのたたき。
これで2520円。
うーん。2000円以内、って内容な気がするなあ。


あ、それとここは生ビールがスーパードライなのもマイナスポイント!
私、スーパードライあんま好きじゃないんだよね~。
あのドライぽい味?が苦手。


2軒目。


201902161105465b1.jpg


「肉食BAR ガブリミート 梅田茶屋町店」


20190216110543e86.jpg


画像の料理はここの一押し、ガブリステーキ200g。
お酒は生ビール(カールスバーグ)と赤ワイン。
ほかローストビーフと付き出し、合計で3497円。
お肉は美味しくてボリュームあり。
コスパもよろしいのではないかと。


あえて言うなら、生ビールがぬるかったのが残念でした。


2軒目のガブリミートは、また利用するかもね~。
ただ、ほかに気になるお店がひとつ見つかりました。
満席で入れなかったけど、今度行ってみようと思います。


「魚魚屋(ととや)梅田店」


このお店、21時以降は鮮魚半額なのだそうです。
それも興味を引いたのですが、それ以上に気になったのは日本酒。
なんとこのお店、「タクシードライバー」が置いてありました!
話には聞いたことのあるお酒で、一度飲んでみたかったのよ~♪


・・・・・・次行ったとき、まだ置いてあるかな?^^;



今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お楽しみですねー。
ちょっと教えてください。
本のクリーニングでヤスリって所長はどんなの使ってますか? よろしければお教えください。

>チャーリーさん

ヤスリ?
ウチでは使ってないです。
本は柔軟剤系の洗剤を水で適量に薄め、その液をしみこませた布で拭いてます。
時にはジッポオイルも併用します。
ウチのクリーニングは商品を清潔にするために行っているし、カバーや表紙面にとれそうな汚れがあればとります。
小口三方については、強いヤケなど難ありのはあまり扱わない、そういう方針です。

No title

お返事ありがとうございます。
了解です。 紙やすりを試したのですが、イマイチだったので、お聞きしました。 難のあるのは扱わないのは確かに賢明ですね。 いまは、シールはがしに忙しい日々になってきました。(^^)

>チャーリーさん

はじめた当初には、私も紙やすりを試してみたのですが、同じくイマイチで使うのをやめました^^;
シールはがしは結構手間ですよね。
ウチではバイトにお願いしてます。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle