FC2ブログ

昨日は仕入日

まいど。所長です。
昨日は一日、バイクで仕入に廻ってました。
最近は仕入する日かどうかを、天気と気温を基準に決めてます。
暑い日にバイクで仕入に廻る気がしないのよ・・・==)


昨日は珍しく、1件目で激アツな文庫本と巡り合いました。


201808090804517b3.jpg




「MOTHER2―ギーグの逆襲 (新潮文庫) 」
著:久美沙織



80円で仕入。
現在のamazon最安値は8000円オーバー。大体5000円前後で値動きしてる印象。


これ、古本市場の床のカゴから見つけたのですが。
今まで一度も仕入れたことはないし、存在も知りませんでした。
でもなんとなく「掘り出し物くさいな」と思って手に取りました。


私はビーム持ってるけど、全頭はしません。
気になる商品だけを調べるようしてます。
このお店でも、文庫本でサーチしたのはこれだけか、ほか数冊程度です。
普段から「目利き力」を鍛えるよう意識してるせいか、オイシイ商品は手に取った瞬間、99%わかります。
利益の出ない商品もなんとなくわかるので、一応バーコードにビームを当てた後、ダメな気がしたら検索結果を見る前に棚に戻してます。
当たりか外れかわからないこともたまにありますが、この勘が外れた記憶はないですね。


今回の「MOTHER2」のどこに反応したのか、自分なりに分析すると・・・。


・私が見たことない本
・ゲームが原作のノベル版(たまに高騰してる本がある)
・「MOTHER」のゲームシリーズは評価が高く、コアなファンがいる印象
・著者が久美沙織(「丘の家のミッキー」シリーズの著者)



まあ、こんなとこですか。
けど、最近は掘り出し物との出会いも、非常に少なくなりましたけどね^^;



お昼はジョリーパスタへ。
ここ10年くらい入った記憶がないお店ですが、うにパスタフェアの垂れ幕に惹かれて入店。
醤油味の大盛りを注文しました。


2018080908045284a.jpg



うにはミョウバンくさかったですが、味付けは好み。
でも、麺がイマイチ好みじゃないなあ。
多分、だからジョリーパスタ敬遠してたんだろうな^^;


昨日は大阪市の南側から、堺市を攻めました。
9時半ごろから出発し、16時頃には荷物が一杯に。
なので石津の快活Clubで一休みして、最後に一件堺のブックオフ攻めて、帰路につきました。


昨日は過ごしやすい気候で良かったです^^
このところ、凶悪な暑さが続いたからなあ。
外に出る気がしねえ==)


今日はバイトと内勤して、新事業の件でハロワに書類提出してきます。
明日は健康診断を受ける予定。なので昨日今日は禁酒。
今夜は新大阪でフットサル。超久しぶり。
最近運動不足なので、少しでもマシな状態で検査にのぞみます^^;



今日はこれにて。
ではでは~♪



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

10年以上前からプレ値で結構有名ですよ。
1も同様に新潮文庫で1500円ぐらい

>No titleさん

あら、そうでしたか^^;
1もやはりプレ値なんですね。
あざーす(=゚ω゚)ノ
sidetitle2018年6月sidetitle

訪問マッサージ事業、やってみようと思います。

事業が起動に乗るまでは、2年ほど注力する必要がありそう。

気楽に遊んで暮らしたいんだけど、しばらくは難しいかな^^;
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle