新事業についてのひとりごと

まいど。所長です。
本日は新大阪でフットサルしてきて、今は焼き鳥屋で一杯。
グビグビプハー♪
やっぱ身体動かしたあとは、ビール旨いねえ(^^)


例の訪問マッサージのFC事業について。
東京へ行く前にもらった資料や、その他ネットで調べた業界情報などを読み込んでます。
重要事項説明書は確認済み。契約書はこれから。


ほか、新規事業用に銀行口座をひとつ作りました。
私はメインバンクに三井住友銀行を利用してたので、もうひとつ口座つくることができるか窓口で相談。
可能とのこと。
新たにつくったほうは、屋号付きの名称のにしました。
通常なら個人名が名義人となるのですが、商用に開設する場合は屋号を名義人に記載することができるそうでして。
「藤川事務所 藤川なにがし」って感じに。
(個人名も必ず記載されるそうです)


ちなみにネット情報によると、屋号付きの名称で口座を作るためには「開業届けの控え」というのが必要とありました。
が、税務署でたずねたところ、申請して取り寄せるのには一月かかるとのこと。
自宅のどこかにその書類があるかもしれないそうですが、心当たりはありません。
そんなに待つのも嫌だったので、試しに確定申告書を使ってみました。
確定申告書には屋号の記載があるので、いけるかなーと。
多少、窓口にて説明が必要だったものの、OKでした。
ちなみにやはり本来の手順だと、開業届けの控えは必要なようで、私は一月以内に開業して口座を利用したいのでと説明しました。


んで作った口座に、メインの口座から300万円移して。
108万円、加盟金としてFCの本部に振り込みました。
ちなみに来週の面談で契約に至らなかった場合、このお金は全額返金されるそうです。
メイン口座の残高は200万円程度。
たぶん廻せると思うけど、カードの引き落としや税金等の支払いが重なると厳しくなるかも。
特に気をつけないといけないのは、小規模企業共済の引き落とし。
年払い、掛け口は上限マックス。しめて96万円になりま~す。
しばらくは残高にも気を配っておかないとね。


ここから先の資金は、株の資金を切り崩していくことになります。
新事業やるなら、お金をかけるところはケチらず、必要性の低いところは引き締める。
そのへんの判断も、これからやっていく必要がありそうです。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle2018年6月sidetitle

訪問マッサージ事業、やってみようと思います。

事業が起動に乗るまでは、2年ほど注力する必要がありそう。

気楽に遊んで暮らしたいんだけど、しばらくは難しいかな^^;
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitle最近のお勧めライトノベルsidetitle
「なれる!SE」
著:夏海公司
イラスト:Ixy
1-15巻(2017年6月現在)
SE(システムエンジニア)のお話ですが、作者自身のSE時代の苦労話を反映させただけあって、リアリティが半端ないです。
主人公はいわゆるブラック企業にうっかり入社してしまい、そこで機器の構築、営業提案、PMの仕事や外部常駐などさまざまな経験を積んでいくのですが、どのお話もとても良くできてます。
可愛い女の子が出てくれば、ラノベって本当なんでもありなんだな、と唸らされた作品。
ビジネス×萌え、ですが、内容はかなりビジネス寄り。12巻は萌え(燃え)要素の強い神巻。
こういう尖った作品大好き♪
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle