最近読んだオススメ本

まいど。所長です。
今回は最近読んだ本で、面白かった作品を紹介します。
まずはコレ。




「花もて語れ コミック 全13巻完結セット」
著:片山ユキヲ



「朗読」を題材とした作品。
朗読・・・・・・?って、首をかしげる人が多いのかもしれませんね^^;
マンガとしてはあまり馴染みがないジャンルだし、地味そうな印象。
が、これが読んでみると、とってもエンターテイメントなんです!
それも地に足の着いた面白さ。リアリティがあって、マンガならではの絵で魅せる魅力がある。
全13巻一気読みでした。
元々は売るために仕入たマンガだったのですが、読み終えた今では手放す気がしません。


有名な作家、例えば宮沢賢治や太宰治、などのメジャー作品も作品内でよく取り上げられています。
多分、朗読に関心の低い人でも興味を持てるよう、作者が色々工夫しているのだと思います。
そうした努力は、かなり良い方向に向かい、まとめられた良作に仕上がっているかと。
是非一読してほしい一作です^^


ちなみに私が一番印象に残った朗読シーンは。
有島武郎「小さき者へ」でした。
子を持つ親で、この言葉に内容に感動しない人がいようか!
まあ、私には子供も嫁さんもいませんがね==)



次コレ~。





「絢爛たるグランドセーヌ 」
著:cuvie



本格バレエマンガ。
なのに掲載しているのは、男性向け青年誌。
でもこの作品に関しては、それが良い方向に働いている気がします。
登場人物のリアリティがいい感じ。人間味と(バレエ)スキルのバランスが見事というか。
作者のcuvieさんは18禁コミック畑の人で、私もそっちのほうを先に知ってたのですが、この人は今の作品凄くマッチしてますね。
バレエを知らない人でも楽しく読める良作。
ちなみに私の好きな登場人物は2人。海賊とファンクション。いずれも10巻に登場。


文字色
ラノベ~。





「ひぐらしのなく頃に」
著:竜騎士07



ひとことよろしいでしょうか?
ぶっちゃけ、そんな面白くないのかも~。
全7巻手元にあるのですが、1冊読むのに一月くらいかかってます。
いつか面白くなると信じて。
でも3冊目を読んでいる最中の今、いまだ物語にのめりこめません。
はやく、ハマリたいなー。ハマるのかな~?



ラスト。




「蜜蜂と遠雷」
著:恩田陸



まだ読んでいません。手元には置いてます。
ピアノコンクールを描いた作品で、高評価。
多分読みはじめたら一気なのでしょう。
ワクワクしてます♪
むしろ、いつどんな時に読もうかな~♪って感じです。
作者が恩田陸で、内容がホラーじゃないリアル志向で、面白くないわけないでしょ!
(私は恩田陸のファンタジー系作品、あんまり面白いとおもえなくて・・・・・・)



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle2018年6月sidetitle

訪問マッサージ事業、やってみようと思います。

事業が起動に乗るまでは、2年ほど注力する必要がありそう。

気楽に遊んで暮らしたいんだけど、しばらくは難しいかな^^;
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitle最近のお勧めライトノベルsidetitle
「なれる!SE」
著:夏海公司
イラスト:Ixy
1-15巻(2017年6月現在)
SE(システムエンジニア)のお話ですが、作者自身のSE時代の苦労話を反映させただけあって、リアリティが半端ないです。
主人公はいわゆるブラック企業にうっかり入社してしまい、そこで機器の構築、営業提案、PMの仕事や外部常駐などさまざまな経験を積んでいくのですが、どのお話もとても良くできてます。
可愛い女の子が出てくれば、ラノベって本当なんでもありなんだな、と唸らされた作品。
ビジネス×萌え、ですが、内容はかなりビジネス寄り。12巻は萌え(燃え)要素の強い神巻。
こういう尖った作品大好き♪
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle