FC2ブログ

4月後期決算報告

今日の1冊


残酷な神が支配する (9) (小学館文庫)残酷な神が支配する (9) (小学館文庫)
(2005/02)
萩尾 望都

商品詳細を見る


 105 → 282

萩尾望都の作品。
母がファンで、この人の本をかなりの冊数持っていました。
そして私は、子供の頃にその全てを読破しました。
・・・・・・・・う、うーん。われながら・・・・。
そんな男はあんまり、というかありえないくらい、いないと思います^^;







だいぶ二日酔いがマシになりました^^
なので本日は2本立て。
アマゾンの決算報告、いきまーす。



期間:4/8~4/21

【収益】

アマゾンからの入金予定額 ¥233,310


*内訳

注文
商品代金 ¥ 226,050
プロモーション割引額 ¥ 0
Amazon手数料 ¥ -47,657
その他 ¥ 57,760
合計 ¥ 236,153
返金
商品代金 ¥ -1,181
Amazon手数料 ¥ 238
その他 ¥ -1,900
合計 ¥ -2,843
他のトランザクション
(過去に入金手続きが完了できなかった金額が含まれる場合があります。 詳しくはこちら。)
合計 ¥ 0
決済残高
¥ 233,310



【費用】

合計 ¥164,892


*内訳

古本代 ¥79,242
CD代   ¥9,905
DVD代 ¥ 300
ゲーム代 ¥7,010
ホビー   ¥2,700 
送料   ¥51,415
雑費   ¥14,320




【損益計算】

233,310 - 164,892 = ¥68,418





うーん、ちょ~っと儲けが少ないな^^;
まあ、送料の支払いもあったし、こんなものか?



ちなみにゲーム代の7010円は、PCゲーム『魔法使いの夜』による出費が全てです。
これは趣味で買ったので、実質的にはこの期間『ゲーム』の仕入はゼロ。


趣味で本やCDを買った場合も、各項目に計上しています。
考えてみると、趣味による出費のほぼ全てを『費用』として計上していますね。
好きなものを買って、なおかつトータルで利益も上げている。
うん、悪くないのかな。



ただ、思いのほか売上が伸びません。
多分、値段の付け直しが他の出品者より遅い、これが原因だと思います。
GWあたりで大胆な価格改定を行い、5月度は売上100万円を目標にやっていきます。

いけいけごーごー。


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle