FC2ブログ

所長のベトナム旅日記 5日目

5日目(ホーチミン)


ベトナム旅行も終盤。
今日は普段からお世話になっている人のため、お土産を探そうと思います。
例えばTセンパイとかに。
最高のお土産をプレゼントすべく、ホテルのフロントでこう尋ねました。



「カブトガニの缶詰を探しているんだが、どこへいけば買える?」


「お客様、当ホテルではそのような情報は持ち合わせてはおりません(日本語)」



「知らないのか?
それなら、クソ不味いお土産を探してるんだが、どこに行けば買える?
知人がそういうの好きなんだ」


「ああ、風変わりなお土産をお探しなのですね。
それならここ、ラッキーセンターのスーパーなら、種類も豊富です。
お客様のお探しのようなお土産も、ひょっとしたら置いてあるのではないかと」


「おおそうか。サンキュー。シンチャーオ」


とゆーわけで、行ってきましたラッキーセンター。


・・・の前に、途中に市場があったので、まずはそちらをチェックすることにしました。




ベンタン市場



20180121092801871.jpg


201801210928000fb.jpg


ここでベトナムへ来て初めて、客引きの洗礼を受けました。
店前を通りすぎると声がかかる。足を止めると腕を掴まれロックオン。
あーれー。



そんなサバイバルな場所とはつゆ知らず、市場に入ったばかりのウブなネンネのワタクシ。
水着が欲しかったので、置いてる店で足を止め物色し、ほかも見てまわるつもりだったのですが・・・。


ふーん、悪くないけど・・・、
まあ、ほかも見たいんでね。バーイ。
OKOK!(がっしり)
いや、だからさ?
オーケーオーケー!いくら?ペラペラ(離さへんでー!)
話、聞こうよ?
オーケー、ペラペラ?ジャストプライス!(電卓を示す)


結局、20万ドン(約1000円)で決着。
結果的には悪くない買い物だったかと。
本気でしつこくて、根負けした割には==)



この市場内は本当客引きが激しく、じっくり見ることができない雰囲気でした。
入口付近にあった、例外的に静かなお店でTシャツを物色。モノも悪くなさそう。
一枚購入。58,000ドン(約300円)。
Lサイズを買ったのですが、あとで着てみるとちょっとピチピチでした。でも素材は気に入りました。



市場を出て、途中、適当なお店で昼食に。


20180121095237aa8.jpg


2018012109523564f.jpg


店の看板にメニューと値段の表示があったら、なんとかなる。
そう思えるようになりました。
食事中、西洋人の婦人グループがエクスキューズミーと道を尋ねてきて、地図を見て考えたものの検討つかず。ソーリー。
けど食事してるうち、アレって多分あそこじゃん!と気づきました。
力になれずごめんよマダム。


食後、目的地への移動再開。
少し歩くうちに、大通りへと出る。



「グエンフエ通り」



2018012110032720f.jpg


2018012110032985b.jpg



グエンフエ通りを南東方向へ歩くうち、大きな書店を発見。
表の看板には日本の漫画家のサイン会?の案内が。
なにここ?


2018012110032818f.jpg


20180121100559725.jpg


って、店内の看板に「kinokuniya」って書いてあるよ!
紀伊国屋書店じゃない、ここ!Σ(゜Д゜)



店内には日本のマンガコーナーもあり、テンション上昇。


201801211006036f3.jpg



翻訳されたコミックも。


20180121100601fb4.jpg


20180121100600fb1.jpg


せっかくなので、ベトナム語版の「3月のライオン 」8巻を買って帰ることに。
お値段23,000ドン(約115円)。



数々の寄り道を経て、やっとラッキースターへ到着。
スーパーは建物の二階。


201801210925107d6.jpg


手荷物は入口のロッカーへ預けてから入店。


さて、肝心のお土産。
一通り、くまなく探したのですが。
よいのが見つからず・・・(T_T)



こういう、ドリアンを使ったお菓子はいくつか発見したけど・・・。


2018012109251294e.jpg


こんなのパッケージでバレバレだしなあ。
それでは驚きがない。
残念だけど撤収。ほかに賭けることにしました。


疲れてホテルへ戻ったのが15時頃。
ホテル内のプールは無料なので、利用してみることにしました。
水着のほか、ゴーグルもさっき買っておいたしね。


が、やはりこれがなかなか難題でした。
エレベーターの案内によると、プールは二階にあると書いてあったのですが。
二階で受付らしき場所を探すのに、まず一苦労。
やっと受付へ。受付のおねーさんに私の意図を説明。
アイウァナスイム。
おねーさん、ペラペラ。うんわかんないぞ?
スイム。スウィミング、アイウォント。
(腕をクロールの身ぶりでパタパタ)。
なんとか通じて、受付で部屋ナンバーと名前を記入し、タオルを受け取ったのですが。
受付からプールは見えず、ウロウロ。
おねーさん、プール!とテラスの向こうを示す。
あっちやね。サンキュー。


んで、プールへ到着。



20180121102554da8.jpg


20180121102553aca.jpg


ここでまた問題発生。
ロッカーはあるのだが、どの扉にも鍵はついてない。
ふっ・・・この程度トラブルには、もう慣れたぜ。
ホテルの人を捕まえて質問。ロッカー、アイウォントユーズ!
二人ほどに聞いたのち、どうやらロッカーキーは受付で貰えることが判明。
なら受付したら自動的に渡せよ!
とも思いましたが、見たところ欧米系の人は日光浴だけで、ロッカー不要の人も多いようでした。なので仕方ないのかも。
再度受付へ。ロッカーキープリーズ。
受付の人、さっき記入した紙を見せてセイ。
部屋ナンバー、書いたか?
ライト!いやライトン!とにかく書いた!
無事ロッカーキーをゲット。ぱぱらぱー♪



着替えをすませ、シャワーを浴びて。
さあ泳ぐぞ!
と泳ごうとしたら、子供とその親以外、だーれも泳いでねえんでやんの。
みんな(ほとんど欧米人)日光浴モード。
泳ぎにくっ!



・・・ふ、ふふふ。
オトナがだーれも泳いでないとか、知ったことか!
アイウァナ、スイーム!



意を決し、やたら悪目立ちしそうなプールでスーイスイ。
プールの中から見上げる、ビルとホーチミンの空は、とても魅力的でした。
すこしさみしいけど、まあいいさ。
ひとりさみしく泳いでいるうち、2,3人がつられたようにプールへ。ああ、孤独からの解放・・・!
ひとしきり泳ぎ、満足してプールを出ました。



一眠りして夜。
外出。
そして省略
いや、ブログに書けないことなんて、してないよ?


20180121104147043.jpg




ホントだよ?(゜ー゜)(。_。)


2018012110414848e.jpg




帰路にて。サイゴン川が綺麗でした。


201801211041517d1.jpg



20180121104150af2.jpg


ホテルの近くまでくると、なにやら異変が。
道を走るバイク、その数がどんどん増えて、やたらにぎやかに。


・・・っつーか。



なんだこりゃ?Σ(゜Д゜)




それはさながら、暴走族の集会のようでした。


201801211049488b4.jpg


20180121104949393.jpg


201801211049509c1.jpg


201801211049517da.jpg


20180121104953f3f.jpg


通りの右を見ても、左を見てもバイクの群れ。
響く騒音。振り回されるベトナム国旗。あちこちであがる歓声。
ホーチミン市民たちのバイクパレード。
参加してる人は、見たところフツーの人ばかり。
メッチャ楽しそうに群れて走って、渋滞で停まって騒いで。
それを見ていた私は。



めっちゃテンション上がる!!щ(゜▽゜щ)



ワタクシ大爆笑。
その風景を撮影したり録画したりしてました。
いやー、いいもん見たわー( ̄∇ ̄*)ゞ



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle2018年6月sidetitle

訪問マッサージ事業、やってみようと思います。

事業が起動に乗るまでは、2年ほど注力する必要がありそう。

気楽に遊んで暮らしたいんだけど、しばらくは難しいかな^^;
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle