FC2ブログ

関東方面遠征 8日目

遠征8日目


10時前にホテルを出発。
本日は東京23区がメインの日。


遠征開始から8日目、郊外以外の東京攻めはこれが今回初。
今回は車で来たので、都内は避けてました。
道は混むし駐車料金高い、ってイメージだったので。


けれど関東方面へやってきて、1日も都内を攻めないのは勿体ない。
車で都内を回るのはコスパ的にどうなのか、一度検討してみたくもある。
という理由から、この日も車での移動で仕入に廻りました。


まずは秋葉原へ。
出発が遅かったのと、ふるいちに一軒寄ったこともあって、到着したのは11:30頃。
ちなみに寄ったのは古本市場八潮店。枯れ枯れでした。


アキバ到着後、まずは駐車場探し。
機械式の駐車場へ停めると、購入した荷物の積み込みができないので、平地のコインパーキングで安いのを探してウロウロ。
約15分後、3時間2000円の所が空いてるのを発見。そこに入庫。これ以上探すのは時間の無駄。
よってアキバは3時間限定の勝負に。


3時間後。
この3時間で仕入したお店は、駿河屋、ブックオフ、ゲーマーズ、アニメイト、まんだらけ。
コトブキヤ、ソフマップは戦果なし。
らしんばんは今回スルー。これまでの経験からアキバのらしんばんは値段が高く、ここで時間をかけるのは勿体ないと判断。
軸中心派が水曜で休みだったのは少し残念。攻めどころのわかりやすいお店なので。


秋葉原の戦果には、おおむね満足。
ラジオ会館の南側にある機械式駐車場が、1500円で半日ほど停めることができ、かつ荷物の積み込みも可能だと知れたのは大きな収穫でした。
移動。


15時頃、渋谷駅前に到着。
東急の駐車場が30分300円、安いと感じたので即断して入庫。
とりあえずお昼ごはんに。「富士そば」にてかもつけそば。

2017101308285371d.jpg


渋谷は時給的にはアキバより上でした。
いっこアニメイトで買い込んだ新品雑誌、コケる可能性もあるから、わからんけどね(^^;
渋谷の滞在時間は2時間半ほど。3店をチェック。ヤフOFFはノーチェック。


夕方。
次のエリアと、この日の宿を決めることに。
横浜へ行こうか迷ったが、適当な宿が見つからず。
しばらくあれこれ探す。
楽天好評価の武蔵境の宿が、約7000円で空いていたので、そこに決断。
数駅隣の中野をラスト攻めることにしました。


中野ブロードウェイ。
まんだらけ、らしんばんにて仕入。
割合はまんだらけ9割。


20時頃、お仕事終了。
ホテルへと向かいました。


今回の東京攻めの感想。
車もアリだな、と感じました。
渋滞はあったけど、覚悟してた分そこまでひどいとは思わなかったし。
駐車料金の高さも、仕入の見返りを期待できる所ならアリかと。
ただ、車で東京都内を廻るつもりなら、その前に一度は電車で攻めることをおすすめします。
おいしいエリアを効率良く攻めないと、東京都内はやはり厳しいと思うので。



今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle