FC2ブログ

2017年関東方面遠征 2日目

遠征2日目


静岡県は藤枝駅前のホテル「ホテルオーレ」にて起床。
ここは今までに泊まったホテルの中で、一番好き♪
ホテルは基本ビジネスで利用するので、宿泊料金が5000~8000円程度と、お手頃価格のを選んでます。
ここは少し高いほうだけど、満足感が凄い!
中でも朝食バイキングが絶品。機会があればぜひ一度泊まってみてください。
帰路でもここで一泊したいな~(^^;


この日の出発は10時前。
約一時間かけて、沼津市まで移動。
沼津は「ラブライブ サンシャイン!」の舞台だそうなので、一度見に行ってみたかったのです。


到着。
駅前を見てきましたが、思ったほどラブライブしてなかったです。
ちらほらそれらしい飾りものはありましたが。


20171006083218e07.jpg


20171006083217f0a.jpg


こんな感じで。
ついでだし、沼津港に寄って昼食をとることに。
魚市場二階の食堂にて海鮮丼を注文。


20171006083220a63.jpg


201710060832211e6.jpg


残念ながら、やや期待外れでした。
魚は新鮮だけど、醤油がイマイチでさほどおいしくない。
二千円以上とるなら、もうちょい努力してほしいねえ。


食後、沼津港を観賞。


20171006083222d40.jpg



やっぱり海はいいねえ(^^)v


あ、もちろん、お仕事もしてますよ?
沼津では久しぶりにビーマーらしいビーマーを発見。
ゴツいおじさんが単行本コーナーで、一心にピコピコやってました。
こういう人、関西や中部では本当見る機会が減ったなあ。


沼津では三店のブックオフを訪れたのですが、うち二店でこのせどらーに遭遇。
ちょっとびっくり(^^;
車は黒の軽、いかつい印象のせどらーでしたね。


そして沼津での仕入はさっぱりでした('';)
どうも、この近辺はおいしくない気がするなー。
そう感じたので、神奈川まで移動。&郊外のブックオフを転々とチェック。
神奈川入りしてからの感触は悪くなかったけど、沼津で時間をかけすぎたせいで、一日トータルの仕入は伸びませんでしたね。
この日の仕入金額、約6.7万。


なにはともあれ関東入り。
明日からが本番。
この日は早いうちにホテルへチェックインし、翌日からの仕入ルートをじっくり練ることにしました。


その結果。
金曜、神奈川と東京の郊外(宿は八王子)。
土曜、埼玉(宿は館林市)。
日曜、栃木、その後未定。
当面の三日間については、こんな感じにしようかと。


秋葉原もどこかで廻りたいけど、土日は避けたほうが無難と判断して後回しにすることに。
ま、今回は車での遠征だし、郊外にあるブックオフを中心に攻めようかね?


今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle