FC2ブログ

大阪から出る場合の、せどり小遠征の行き先について

まいど。所長です。
ほんとは今朝から小遠征へ出発するつもりだったのですが、あいにくの雨と二日酔いのためパス。
明日からの出発に変更しました。


けれど昨日、遠征先についていろいろ考えたんですよね。
どこへ行こうかな?と。
その考えたことを、本日のブログにまとめてみようと、そーいう方針で今回のブログを書いてみました。


「大阪から出る場合の、せどり小遠征の行き先について」


まず、小遠征の期間が1泊2日の場合。
9割方、名古屋メインのルートを選びます。
道中で三重に寄ることも多いですね。名古屋方面へは新名神で向かうので、たいてい往路で。
岐阜方面は基本カラめなので、あまり廻りません。帰路が名神ルートになったとき、部分的に廻る程度です。


次に2泊3日の場合。
これも実のところ、名古屋を絡めたルートが一番期待できると思います。
愛知県メインでもいいし、名古屋+静岡もそこそこの期待値。
名古屋+愛知北部&岐阜&滋賀など、名神から帰るルートも悪くないですね。


名古屋を絡めないと、途端に期待値が落ちる印象があります
大阪から西方向を攻める場合。
2泊3日なら岡山・兵庫を廻るルートが第一候補ですが、どちらのエリアも安定して良い仕入のできる、そういうイメージはないですな。
まあ岡山には古本市場が集中してあるので、その状況を活かすことができるなら、多少期待できるかも。兵庫にも古本市場は多いしね。
四国を入れたルートもなくはないです。
香川・徳島に岡山方面を加えたルートか、いっそ愛媛の松山市まで足を延ばし四国をガッツリ廻るルートか。
高知は・・・・・・距離がありすぎて厳しいと思います^^;
東へ行くなら北陸方面、福井・石川に加えて富山まで行くかどうか。
富山の代わりに、帰路で滋賀を加えるのもアリですね。


で。
それぞれの期待値を、私なりの感覚で数値化するとこうなります。
下の数字は、1日当たりの見込利益(単位:万)とほぼ一致します。


名古屋メイン 10
名古屋+静岡   6~12(波荒め)
岡山・兵庫   6
香川・徳島・岡山(兵庫)   5
四国メイン   5
北陸メイン   6




名古屋メインの仕入ルートは、ほかへ行くのと比べて約2倍の評価。
あくまでも私の主観ですが、まあこうなると、小遠征やるなら名古屋行っとけ、ってなるワケですよ^^;
ほかは正直ほぼ同格。四国を含めたルートの評価が1低いのは、高速代がかさむからです。
海を超えると高くつくんだよね~==)


さて、ぼちぼち仕事すっかね。
今日は内勤。だらだら仕事して遊びます。
明日あさっては名古屋へ。1泊2日。
バイトが「仕事してください!」とうるさいので、仕入に廻ってくるといたします。
最近、ウチのバイトが私を操縦しようとしててこまる^^;



今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

訪問者リストから訪問させていただきました、pexと申します。
他の投稿も見させていただきましたが、
遠征をすることで、楽しみながら仕入れをされているので、
道中記も非常に楽しく、勉強になります^^

まだ、中古メディアをこんなに仕入れられるんですね。
また訪問させていただきます。

〉pex さん

コメントありがとうございます。
なんとか仕入して食べていけてます。
最近は長期の遠征は減ってしまったのですが、そのうちまたやりたいですね。

こんにちは

大阪メイン、関西メインの所長期待値も記事にしてほしいです。

>通りすがり さん

気が向いたらやってみます^^;
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle