FC2ブログ

滋賀へ

まいど。所長です。
昨日は久しぶりに、車で仕入に出動しました。
いつもはバイク。だけど膝痛めてるし、車のほうが負担少ないと思ったので。
あと暑いしね==)
気温36度って・・・バッカじゃないの?
バイクの時は熱中症に気を付けないといけない、そんな灼熱の季節がはじまる。



午前11時頃、支度を整えて車のエンジンかけて。
さてどこへ行こうかな?
シンキングタイムスタート。チッチッチッ。
・・・・・・久しぶりに滋賀にすっか。


出発。
京都の分岐あたりから連休渋滞に巻き込まれ、30分ほどの時間ロス&気力ゲージ大幅減少。
いやーん(゚Д゚)


12時半頃、滋賀の大津へ到着。
お仕事スタート。
琵琶湖の西側を北上し、琵琶湖大橋を渡り、守口市を攻めて。
で、15時頃の感想。


「うん。いつもの滋賀だわ==)」



私が滋賀県メインで仕入をするのは、年に1、2回程度。
大阪から比較的近いのですが、あまり訪れようとは思いません。
あまり仕入しやすいエリアとは思えないから^^;
滋賀のブックオフ(特に琵琶湖周辺)って比較的カラくて、そのくせ渋滞による時間のロスも生じやすいんですよね。


この日は夕方頃から、狙いの店舗をブックオフ以外にも広げてみました。
1件、大型新刊書店でヒット。
プレミア本やホビーの見切り品など、諸々合わせて3.5万円の仕入。



このお店では、例えばこんなのをゲットしました。



「×××HOLiC 胡蝶ノ夢」
著:CLAMP


定価は6571円+税。
3冊あったので、2冊買っておきました。


最後は琵琶湖の東側、甲賀市のほうへと足を伸ばし、22時過ぎに仕入終了。
ここの滋賀水口ブックオフはおいしかったです^^
伊賀市も長いこと行ってないので、行きたかったのですが、今回は時間切れ。
伊賀は本当遠いから、なかなか行けないんだよね^^;



この日の仕入総額が7万円くらい。
大型新刊書店での当たりがなかったら、惨憺たる結果でしたな。はっはっ。
ガッツリ仕入の日なら、10万は越えないとちょっと寂しいよねえ。
やっぱ、滋賀は年一ペースで充分だわ。



本日は地域活動がメインの日です。
10時からは集会場へ赴いて、村の北組有志にて道具の虫干し等、秋祭りの準備。
夜は消防団の定訓。
日中にフリーな時間があるかも。マンガ喫茶行こうか、それとも出品作業しようかな?


今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle