FC2ブログ

和歌山へ仕入に

まいど。所長です。
今日は仕入日。メインターゲット和歌山県。
朝の9時には事務所を出発したのですが、阪神高速での塚本あたりの渋滞がひどい。
1件目に着くまでに1時間半ほどかかりました。


一発目の仕入はベタにブックオフ。
岩手中央店。


DSC_0471-427x240.jpg


よっしゃ行くでー、って、え・・・・・・??
岩手中央店。
朝一から3人のビーマーが、それぞれカゴ持ってめいめいにチェックしてました。
それぞれ、慣れた手つきのビーム捌き。
・・・・・・いや。
・・・・・・こんなせどらーに溢れたブックオフの店内を見るの、いつ以来だろ?
ってゆーかナニ?今の和歌山ってそんなおいしいの?


店内をサラリとチェック。
うん。全然おいしくありませんでした。
だよね。知ってた。抜けそうなのだけ抜いて、あっさり退店。


しっかし、なんであんなにいたんだせどらー?
わからないのは、和歌山みたいにおいしくない地域で、ってトコ。
あの連中も、わざわざ和歌山でやらなくても、他所へいったほうが仕入できると思うけどね?そこだけじゃ食っていくのは厳しいだろうに。
・・・・・・あ?
・・・奈良とか大阪の南側がカラいのって、ひょっとしてそーいうことか?Σ(゚Д゚)



それはともかく。
和歌山の相変わらずな激辛感に辟易しつつ、15時ごろ、本日の本命店に到着。


DSC_0472-240x427.jpg


閉店セール中のCDショップ。
連休後の訪問、というのは吉と出るか凶と出るか、半ば賭けでした。
2時間近く店内チェック。おいしそうな商品をテキトーに検索。全頭キラーイだるいつまんなーい。
結果、このお店で約7万円の仕入。見込利益は5万くらいかねえ。
ふむ。凶ではなかった、とゆートコか。



・・・しっかし。岩手中央店にいたせどらー。
朝一にブックオフに群がるくらいなら、このCDショップをチェックしたほうがいいのに。
この閉店セール中に、同業が入っていたような感触はあったけど、しょっちゅう来てる感じはなかったね。
ま、勘だけど。
とりあえずごちそうさまです。


あとはテキトーに仕入して、テキトーに帰宅。
結局、閉店セールの店舗の一撃だけで、ほかはショボショボでした。
まあ、和歌山メインのルートなんて、何かオイシイネタでもないと行く気しませんって。
これでまた一年ほどは行かないだろな。


今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle