FC2ブログ

ある日、仕事の休憩中、同僚と

それは10年ほど前の、仕事のときのお話。
その日は私と、年上だけど後輩で生意気だけどまっすぐな男が、たまたまおなじ営業車に乗って二人一組で飛び込み営業に廻っていました。
で。小一時間ほどできた空白時間を、二人で営業車の中にて待ちモード。仮眠スタイル。
これはそんなときの会話。


「そういえばさ」
「ん?なんスか藤川さん?」
「シブ〇ニさん、NNVに行ったわー」
「・・・・・・・・・はΣ(゚Д゚)?」
「シブ〇ニさん、年明けからNNV(ライバル会社)で働いてるー」
(シブ〇ニさんは2週間ほど前(年末)に退社し、皆で送別会を行った。もちろん私も彼も参加)
「え、ちょっと、何言ってるんですか?ホントに?」
「本人が言ってた。多分、ウチの会社で知ってるのは私だけ」
「えええ!?
・・・それをなんで藤川さんだけ知ってるんですか!?」
「あの人と帰りの電車、(沿線が)一緒やったから。
飲んだあとの帰りにポロっと漏らしたんよ。
あとあの人、誰にも言わんといてって口止めしてたしね。
私なら誰にも言わんと、そう思ったんちゃうかな?」
「・・・・・・ならなんで今、ボクに話したんです?」
「あー。もう義理は果たしたと思うからなー。
あの人がそうしてくれ、っていうから黙ってたー。
でも黙ってることが良いのかどうか、迷うところもあるー。会社的にもあの人にとっても。
だからぼちぼち、どうなんやろうかと、だれかに相談したくなって・・・・・・」
「んなモンマズイに決まってるでしょう!
今、ガチでやり合ってるライバル会社への転職ですよ!Σ(°Д°;」

「まーそうなんやけどー。
本人はこの業界から足を洗うつもりでー、でもどうせなら両方からの景色を見たいっていってたんよ。
だから向こうの仕事も早々に辞める、と聞いてたし、ならまあ黙っておこうかなと」
「そんな単純にいきませんよ!
上へのバレ方によっては、退職金が出ないとか、色々問題が出る可能性ありますって!」
「そうなん?」
「そうです!ああっもう!」



・・・・・・



「でも藤川さん、送別会のときもそれ知ってたんです?」
「知ってたよー。
んで私は言ったよシブ〇ニさんに。送別会の時に。みんなの前で。
【次の仕事でも頑張ってくださいね!】って」
「うわぁ・・・・・・・・・」



なんとなく鮮明に思い出したので、書いてみました。
そのあとの後輩の処理能力の高さは、驚くべきものでした。特に上司との折衝において。
それまでの軽薄な印象が払拭され、学ぶべき部分の多い人物、とその一件から親しくなった気がします。
今となってはいい思い出です。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle