FC2ブログ

博打の負けについて

*今回のお話はフィクションです。たぶん。


まいど。所長です。
本来は遠征の〆をお送りするべきなのですが、小休止。
本日、消防団のボーリング大会だったのでそのお話をば。


ボーリング大会は市内各分団が集ってやる、一種の交流会です。
ただやってもつまらないので、ウチの分団では身内内のスコアでなにかを賭けて争います。
そのほうが張り合いがでるし面白いので。
今回はドベになった人が、来年の消防団旅行で宴会芸を披露する、というルールでした。


ちなみに、私のボーリングの腕前はスコア100ちょい。
分団内で常にビリ争いをする腕前です^^;
今回もキッチリビリ争いに参加しました。


あ、こっから先の内容は、Tという頭文字のセンパイは見ないほうがいいかもしれません。

心に傷を負わせるのは忍びないので。





デッドヒートの末、私は見事ビリ争いを抜け出し、罰ゲームを回避しました。
ビリになった人は、名前を出すのはアレなので、仮にT・・・そうTセンパイとしましょうか。
Tセンパイは2ゲーム目の中盤から突然調子を崩してしまい、最終的には10ピン近くの僅差で最下位となってしまいました。


で。このTセンパイ、ボーリング後の打ち上げで曰く、


「いや俺しらんで?
てゆーか俺の負けはお前の負け、罰ゲームはお前(所長)にやらすから。
来年よろしくな?」



と、負けを反故にしちゃいました。



・・・ま、罰ゲームを引き受けるのはやぶさかではないです。
お世話になってる人ですし、実のところ今回Tセンパイ抜きで賭けの内容を決めちゃってたので、まあ致し方ない部分はあるのかなと。
Tセンパイ、いつもはボーリング上手いし、負ける気しなかったんだろうね。
でも、ね。


私は口約束って結構大事にしてます。
遊びとかでは特にそうですね。「負けたやつが罰ゲームな」ってやるじゃないですか?
負けた後で反故にする人がいたら、勝ち負けを争ってもつまらんでしょ。



(ここは内容が過激すぎるので、悩んだ末、消去しました^^;)
いや別にいいんですよ?普段はTセンパイいい人ですし。ええ。
今回の負けの罰ゲームについても、お引き受けしますともさ。
ただ、今後そーいうゲーム事はTセンパイとはできないなと、そう思いました。
次からやるならTセンパイ抜きでやるか、もしくは私抜きでやってください。


博打事で10代の頃に100万円以上負けた者としてはね、バクチには厳しくありたいのですよ。
つか、私ボーリングヘタなんだから、勝ったときくらい素直に喜ばせてください==)


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村






■後日談
(フェイスブックのコメントより抜粋)


◆某センパイ
「 M後輩承知しました!
来年は頑張りますとも💧
今年の君の衣装着て。。。
デュエットよろしく♬~٩( ˊoˋ* )و🎤」



◆所長
「センパイ、無理しないでいいんですよ?
博打の決め事を反故にする奴は○○だ、と思ってますけど、それでも私はセンパイのこと尊敬してますから^^」
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle