FC2ブログ

今年の年末のせどり的印象

雑談

まいど。所長です。
昨夜の鹿島×レアルの一戦は、想像以上に見ごたえがありました。
鹿島、強かったですね。負けはしたものの、あのレアルと互角の勝負をしてました。
いや凄い。鹿島の準決勝を見たあとは、こんな勝ち方してるようじゃレアルには惨敗するなと思ったのですが、全然そんなことはなくて、むしろ勝っちゃいそうな試合を見せてくれました。
よくやった!
日本サッカーにはまだまだ期待できるなあ、と感じる一戦でした。


2016年年末の仕入的感想


さて。せどりのお話について。
今年の年末は、去年よりも私としては立ち回りやすい、と感じてます。
例年の経験の積み重ねが生きてきた、それもあるのでしょう。
たとえば、今年の年末はブックオフ・古本市場とも、セールを頻発してる印象があるのですが、それをうまく活用できてる気がします。
具体的には、ブックオフ等のセール店舗での仕入は、基本的には可及的速やかに切り上げるようしてます
まあ仕入できそうなら粘るのですが、今、関西のブックオフや古本市場では競争が激化してますね。
そんな状態でセールやられては、まあ、本当に厳しいんですよ==)
仮にうまく仕入れたと思っても、セットコミックなどは急に値下がりするのもザラ。それもおそらくはセール中に仕入したせどらーによる出品&値下げ競争が原因で。
仕入はできても思うように利益が上がらないことが、ままあるのです。


ならいっそのこと、そこ(主にコミックセット)では、おいしいもの以外はあまり戦わない。少なくとも年末は。
これが今年の私のスタンスです。
元々、私のスタイルはある程度、計画性に重きを置いてます。
需要と供給を大雑把ながらも予測・計算し、どこで立ち回るのがベストかを常に頭の隅で考えておく。
そういうやり方で自身の仕入スキルを磨き、生き残ってきました。
ま、ドラマ化などのメディアミックス情報を収集して手法を吟味したり、年末ならではのイベントに的を絞ってチェックしたりと、未だブックオフ等での有効な仕入方法はあるのでしょうが。
私としては、そこで戦うつもりはない、ということです。


仕入感触について

ここからはもう少し砕けた話をば。
関西における、今年の年末の仕入感触について。
まずブックオフ
セールを時折見かけるものの、20%オフなど中途半端なものが多く、活用しにくい印象。
たまにコミック半額のセールもあるけど、ライバル過多になりつつある昨今、おいしいことは意外と少ないかと。いやおいしい時もあるけど。
そしてブックオフ自身がヤフオクに出品を始めてから、CD・DVDの掘り出し物を見つけにくくなりました。
それでもそれなりに仕入できるお店はあるのですが、昨今はむしろ、そういうお店のほうが少なくなりましたね。


次に古本市場
こちらもこの年末、セールしてるのをよく見かけます。
セールの内容も93円本が半額など、充実してるものもあるのですが、いかんせんこちらもライバルが増えすぎました。
そしてブックオフよりも商品の回転が悪い傾向にあるので、枯れぎみの店舗が多いですね。
まあ、ピンポイントの戦い方ができるお店なので、通り道にあればできるだけ寄るようにしてます。
掘り出し物はブックオフと比べて、見つかりやすい印象あり。最近の、それも時間効率を考慮した上で比較すればの話ですが。


ま、今年の私の年末は、ブックオフ・古本市場以外での立ち廻りがメインです
例えば某アニメグッズ専門店とか。
新品が多いですね。
出品、ラクだわ~。検品とかクリーニングとか諸々の手間がかからないってステキ♪
今週中は、一日仕入で全力稼働すれば、見込利益は10万を確実に超えると思います。
ま、たぶん全力出しませんけど。私なりの仕入ルールがあって、ヘイト(恨み)高めるのはできるだけ避けたくて、全力稼働ってのはそこを度外視した上での話なのでね。
あ、でもマイルール守っても、見込利益10万オーバーはまださほど難しくないかも。あと数回くらいなら。


ま。
去年と今年では、各店舗を廻っていて、大きな違いを発見してるので。
そこを突くことで、ラクな立ち廻りができそうな予感があります。
たぶんね。しらんけど。


明日の予定について


明日の予定については、ちょっと迷い中。
本来なら1泊2日の愛知遠征へ出るつもりだったのですが、まさかのギックリ腰風味。フットサルでやっちゃいました。
おじさん背中トントン。腰イターイ==)
ま、明日の体調で決めようと思います。
名古屋がおいしそうな予感するから、行きたいんだけどねえ==)


今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle