FC2ブログ

続・いつもの名古屋小遠征

まいど。所長です。
遠征2日目。
朝はクラウンホテルの名古屋めしに舌鼓。うみゃー♪

20161129231845b94.jpg

ここの味噌カツには魔力がかかっています。
揚げ物で、濃い味付けなのに、なぜか後口さっぱり。そしておいしい。
なので何本もいってしまいます。太る!


朝風呂を堪能。
遠征の楽しみは、風呂と朝食よね~♪


9時半ごろチェックアウトして出発。
まずは名古屋駅前へ。
行くべきお店を一通りチェックして移動。
ブックオフを中心に攻めつつ、岐阜よりのルートで仕入しました。


で。
この日のうちに帰るか、もう一泊するか迷ったのですが。
魅力的な宿があったので、もいっちょいくことにしました^^
このホテルです。





「ABホテル一宮」

大当たり♪
ツインにランクアップのラッキーもあり、ステキな一夜を過ごせました。
寝具も良し。お値段も6000円くらいだったはず。
ABホテルいいよ!


室内でパシャリ。

2016112923191349e.jpg


20161129231912452.jpg



夜は一宮駅前で軽く一杯。
ふらりと入ったこのお店に大満足^^


20161129231846b12.jpg


「とり家 ゑび寿」

素材の味を素直に引き出そうとしてるお店、という印象。ジャンクなものを食べたい気分には向かないかも^^;
私的には満足。「鶴齢」も置いてたし。大衆風の居酒屋で置いてある店初めて見たよ。
今回の遠征はヒキがいいね私♪


翌日。遠征3日目。
朝風呂入って朝食食べて。
ベッドでゴロゴロして。あー寝心地いいわー。ここんちの子になりたーい。
後ろ髪魅かれつつ、10時前にチェックアウト。
ABホテルはまた泊まります!
それはともかくお仕事です!


まずは一宮のブックオフで仕入。
そのあとは大垣へと移動しました。


大垣のブックマーケットを見たとき、久しぶりだなあと懐かしい気持ちになりました^^;


20161129231910740.jpg


一年以上来てなかったのかな?
別にフツーのお店だけど、なんか、ごぶさたな気分でしたね^^;


大垣を14時ごろまで攻めたのち、名神で滋賀へ。
今回、行きは新名神ルート。
行きと帰りは違う道を通るほうがいいね。仕入的にも気分的にもさ。


んで滋賀の長浜にあるブックオフから、南下しつつ仕入しつつ。
最終、八日市のブックオフへ。
22時頃、最後の店舗で仕入を終え、帰路につきました。


はい限界。
この3日、よく仕事しました私。
なのでもー無理。ネット麻雀します。
遊びたいのよ!!!
オマエはよくやった。さあ電脳の海で運を操ろう。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は東京でセドリやってるんですけどほとんどセドレなくなりましたね。
抜けないのは私だけじゃ無いようでビーマーも見かけなくなりました。
地方はまだ抜けるみたいで羨ましい限りです。

>ああさん

関東のブックオフは、東京より埼玉や千葉が廻りやすい印象ありますね。
私が東京で仕入するときは、アキバ系のショップを中心に組み立てることが多いです。新品・中古どちらも見る方向で。

大阪もけっこうセドれないですよ^^;
なので遠征で稼いでます。
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle