FC2ブログ

電車でGO!仕入編

まいど。所長です。
本日は電車で仕入に出てきました。
最近電車を利用しての本気仕入は御無沙汰だったので、久しぶりにやってみようかと。


で、本日の予定。
阪急電車で十三まで出て、京都線に乗り換えて京都市内へ。
そこで仕入した後、また阪急電車に乗って大阪方面へ。
途中、高槻駅で降りて、駿河屋を超久しぶりにチェック。
そして梅田で仕入したのち、帰路につく。
と、こんなカンジでスケジュールを考えていました。


で、結果としては。


失敗でした _| ̄|〇


まず最初のターゲットの京都市内。
ここの仕入がとても中途ハンパな量に。
想定だと、京都市内だけで質・量ともに結構な仕入となり、荷物を一度ゆうパックで発送する、そんな流れを思い浮かべてました。
が、想定外のショボイ仕入となってしまい、荷物は持ってきたリュックサックにギリギリ収まってしまったのです。
これが第一の誤算。


で、予定通り高槻に移動して、駿河屋を攻めました。
荷物はコインロッカーへ。
静岡の駿河屋がおいしかったので、ちょっと期待したのですが・・・・・・。
うん。また一年くらいは来なくてもいいや、ここ^^;

20161118174810134.jpg

駿河屋での仕入もショボく、ビニール一袋。
リュックは重かったですが、これくらいならなんとか持つことができたのです。
が、やはりじわじわとこたえましたね。身体と心に。
これが第二の誤算。


そして15時頃に駿河屋を引き上げて、電車に乗ったのですが。
ふと気づいてしまいました。
今から梅田に向かって、仕入に廻ったとすると。
帰り、通勤ラッシュの時間帯とタイミングばっちり合っちゃうんじゃね?
それも金曜日の!


これが最後の誤算。
そう考えた時、私の心は折れてしまい。
おとなしく事務所へと帰宅しました。
ぶっちゃけ重いし疲れたのよ==)


ちなみに今回の仕入費用・および諸経費。


■仕入 約28000円(7店舗にて仕入)
■電車代 1070円
■駐車料金(駅前にバイク) 200円
■コインロッカー代 300円 

(9:30頃 阪急石橋駅 出発 
16:30頃 同駅 帰還)


仕入金額ショボイねえ^^;
梅田で粘れば、もう少しいけたと思うけど。
けれど電車で移動してのせどりは、やっぱりしんどいですね。
荷物が重いおもい。正直あまりやりたくないです^^;


遠征の時は気合が違うから、電車でもなんとか廻ってみせるけど・・・・・・。
む。とすると今回は気合が足りなかったのかな?
かもしれません。


今回はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle