FC2ブログ

読書の秋

今日の1冊



「Free!-Eternal Summer- 2015年カレンダー」
京都アニメーション

たぶん200~500 → 2450

そろそろ、カレンダーや手帳をチェックする季節になりましたね。
私の場合、来年のだけでなく、過去のカレンダーもこの時期は積極的にチェックします。
ポスター代わりに飾るのか、意外と人気があるんですよね。もちろんモノによりますが。



まいど。所長です。
読書の秋。
とゆーことで、最近読んだ本の感想などをつらつらと述べるとします。


私の最近の一押しはコチラ。




「響 小説家になる方法」
著:柳本光晴



小説界を変えてしまうほどの傑作を生みだした少女、響。
それはまだ15才の少女だった~。
コミック1-4巻までの話の流れはそんな感じでしょうか。


ストーリーはこの「響」という子を中心に回るのですが、この子がメチャクチャです。
クレイジー。
外見的には清楚で小柄な文化系メガネ少女なのですが、中身は怪獣。
良く言えば自分の心に素直に生きてる、悪く言えば社会に溶け込めないブレーキのきかないクソガキ。
そんな彼女が小説の新人賞に初投稿したのですが、これが絶賛されます。
そして彼女自身の好奇心もあって、担当者や審査員など、何人もの大人とかかわっていくのですが、「響」はその都度トラブルを起こします。主に暴力的に。
彼女が随所で起こすトラブルには、小説家というよりもロックンローラーな印象を受けます。それも破天荒で破滅的な。


でもとても面白い。
ストーリーに引き込まれるし、周囲のキャラクターもいい。
小説家を父に持ち自身も小説を書く部活の先輩とか、彼氏候補のイケメン万能人間、だけど主人公のストーカーとか。敏腕編集者で「響」の才能にほれ込み、彼女を支えようと決意するもその行動の常識外ぶりに頭を抱える若者女子とか。
久しぶりに、心底面白いと思える作品に巡り合えました^^



逆に最近の展開で、ちょっとがっかりしたのは「アオアシ」。



「アオアシ」
著:小林有吾


がっかりしたのは、都のリーグ戦で負けが込んでいる、という展開。
それに物語の作為的なものを感じてしまい、好きになれませんでした。
お話を盛り上げるために負けて追い詰めろ、的な。
優秀な選手を集めてて、育成に高い評価を得ているチームが、Bチームとはいえそんな負けるか?
と、作品のリアリティに首をかしげてしまいました。
まあ、もうしばらく様子を見るけど、どうなんだろね?


「ベイビーステップ」は安定の面白さ。
最近読み始めたのは「さよなら私のクラマー」。ちょっと面白いので、しばらく追って読もうかと。
「Days」はまだ手つかず。次にスーパー銭湯へ行ったとき、コミックコーナーで読もうかと思います。



お次は小説。
久しぶりに読み返して、ハマったのは「ハケンアニメ!」



「ハケンアニメ!」
著:辻村深月



アニメ業界に関わる人々をリアリティたっぷりに描いた良作。
やっぱ面白いな、コレ。
昨日の朝、仕事時間が迫る中で、あせりつつも楽しく一気読みしました^^;


今日はこの辺にしときます。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle