FC2ブログ

酒と読書と株のおはなし

まいど。所長です。
先日の禁酒の話ですが。
嘘でした。


・・・アレだよ。
人間、できることと、できないことがあるんだよ。


とゆーわけで、本日も飲みながらのブログ更新です。
ウィーヒック♪


まずは最近読んだ本のお話から。
「アオアシ」に大ハマりしてます。
先日中古本を買い集めました。
ヤバい。マジで面白い。こんな胸が熱くなるマンガは久しぶりだわ。




「アオアシ」
著:小林有吾
協力:上野直彦


リアルなサッカー漫画が好みの方は、ぜひご一読を。
連載の展開もすごくいい。コーフンしますゾクゾクします。来週のスピリッツが楽しみです。
ちなみに私が現在読んでるサッカー漫画は、「GIANT KILLING」「フットボールネーション」「エリアの騎士」。
「さよなら私のクラマー」は、追って読もうか検討中。



山本弘の「ビブリオバトル部」の最新作、先日購入して読みました。
今年2月に出ていたようで、気づいてませんでした。




「世界が終わる前に」
著:山本弘


これがシリーズ3作目。
感想。
私的にはビミョー==)
5段階評価なら3。
今回の本は、メインのお題が「ミステリ」。
でも、私ミステリあんまり好きじゃないのよね。
今回の一冊、作者は頑張って書いてるし、ほーと感心する内容にはなってると思うけど。
でも前の2冊からは、素晴らしい作品にふれたときの感動を、キャラクターを通じて伝えたい。そんな意志を感じるところが好きだったんだよねえ。
今作は「感心」はするけど「感動」はしない、そんな風に思う内容でした。
次回に期待。


あと山本弘さんは、前からなんとなく思ってたけど、人間-キャラクター?を描くのがヘタだなあ。
特に脇役。
米澤穂信さんなんかは、ミステリだけど登場人物から人の息吹というか、人間臭さを自然に感じられるというか。
そーいうのがもう少し欲しいなあと、一読者としては思います。
まあ、ミステリ基本読まないからアレなんだけどね^^;



株のお話。
先日「まんだらけ」と「ブロッコリー」に100万円ほどぶっこみました。
購入後数日。
「まんだらけ」は数円の値下がり。
「ブロッコリー」は数十円の値上がり。
現在、10万円近くのプラスです。


まんだらけはまだ下がるかもね。
今月の初めに、グランドカオスの買取業務が一ヶ月停止処分くらったからねえ。
さほど大きなニュースじゃないし、トラブル起こしそうな会社と認知されてるから、さほど影響は大きくないと思うけど。


「ブロッコリー」はよくわかんない。
一応、株価が880円を超えたら手放そうかと思ってます。
現在678円。取得単価は587円。


もう100万円ほど株に替えようと思ってますが、銘柄はまだ決めてません。
なんにしようかねえ?


今日はこれにて。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle